福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

ブログ
カテゴリ

浴室

寒くて家事がしたくない時に役立つ便利商品5選

カテゴリ:浴室更新日:2018年2月28日
便利商品5選1.jpg
2017年末より 記録的な寒波に襲われた日本、これからも寒気が日本に直撃する予報があり3月4月とまだ寒くなるようです。
今回はそんな寒い時期の家事をサポートしてくれる、頼もしいアイデア商品をピックアップしてみました。しんどいと感じていた家事が、少しでも楽になればうれしいですね。気になる商品があったら、ぜひ使ってみてください。


寒さ対策、手荒れ防止、寒い日に大活躍するアイテム

便利商品5選2.jpg

①冷たい水が気にならない米とぎシェーカー



水の冷たい時期でも毎日のように炊くご飯はもちろん毎日研がないといけません。冷たい水ではなるべく作業したくない為、時期によっては無洗米に変えている方も多いと思います。

ですが無洗米だと、どうしても高くついてしまい主婦や一人暮らしには痛い出費です。「水を触らずお米が研ぐ事ができればいいのに」と誰もが思った事があるでしょう。

そんな思いを叶えたアイデア商品があるんです。
その名も米研ぎシェーカー!
使い方も簡単でお米とお水を入れてしゃかしゃかと振るだけで簡単にお米が研ぐことができます。従来の泡立て器の様な米とぎ用具より更に簡単で、手が濡れず、少ない水でもしっかりと研げるため節水にもなるのが嬉しいポイントです。

乾燥で手が荒れてしまっていたり、ネイルをして手を濡らしたくない方にもオススメです。


【米とぎシェイカー】
米とぎシェイカーの商品ページこちら


②意外と知られていない!使い捨ての換気扇カバー

便利商品5選4.jpg

気温が下がると、油のこびりついた汚れが落ちにくくなりますよね。寒い時期に限らず換気扇のカバーを掃除するのは、時間と手間がかかって大変です。

そこでおすすめしたいのが使い捨ての換気扇カバーです。使い捨ての換気扇カバーは基本的に被せるだけ、または貼るだけのものが多く設置が簡単で、一枚あたりの価格もリーズナブルです。汚れたらカバーを捨てて新しいカバーに付け替えるだけで済むので、洗剤につけ置きしたりゴシゴシと洗う手間が省けるので時間も手間もかからず楽に換気扇を綺麗に保つことができます。

換気扇カバーはレンジフードタイプ、プロペラタイプ、前面カバー付きタイプなど様々な種類がありますので、ご家庭の換気扇のタイプに合ったものを選びましょう。

【簡換ボーイかぶせて簡単 レンジフード用】
簡換ボーイかぶせて簡単の商品ページこちら


③外にいる時間が減らせる!取り込みが簡単なハンガー

便利商品5選5.jpg

外に干した洗濯物を取り込むのは、一個一個洗濯バサミやハンガーを外したりするため案外時間がかかってしまう家事の一つです。寒くて手もかじかんでしまう外での作業時間はできるだけ減らしたいところです。
そこでオススメしたいのが短時間で簡単に洗濯物の取り込みができちゃう引っぱリンガー!

わざわざ洗濯バサミをつままなくても干しておいた洋服を一気にもって手前に引っ張るだけ!簡単に素早く取り込めちゃうので 、外にいる時間を大幅に短縮できます。もちろん引っ張っても洗濯物を傷つけないよう計してあるので安心して使用することができます。寒い時期じゃなくても私の様なめんどくさがりな人にもオススメですよ。

【取り込み簡単引っぱリンガー】
引っぱリンガー商品ページはこちら

④家事に疲れたらスキマ時間でティータイム、いつでも芯から暖まれる真空マグ


便利商品5選6.jpg


洗濯中や料理の煮込み中などちょっとしたスキマ時間の休憩をもっとより良い物にしませんか?このスタンレーの真空スチールキャンプマグがあれば、いちいちお湯を沸かすことなくいつでも暖かい紅茶やコーヒーをすぐ飲むことが出来るため家事のちょっとしたスキマ時間でもほっとひといきつくことができます。

スタンレーと言ったらアウトドアに優れた商品が主ですが、スタンレー製品特有の真空断熱構造で優れた保温・保冷力や、何と言ってもお洒落でカッコいいデザインは、家庭で普段使いしても邪魔になりません。

さらにパッキン付きのフタは、倒れても飲み物がこぼれにくい構造になっているため、子供が勝手に傾けて倒してしまっても飲み物をこぼしてやけどする心配もありません。
もともとアウトドア製品のため頑丈で、一般的な家庭用の卓上ポットより、長く使うことができます。一つ持っておけばオールシーズンの様々な場面で活躍すること間違いなしです。

【STANLEY クラシック真空スチールキャンプマグ】
STANLEY クラシック真空スチールキャンプマグ商品ページはこちら

⑤ゴム手袋特有の『ベタつき』『臭い』が気にならない!バニラの香りゴム手袋

便利商品5選7.jpg

毎日行う水仕事、1日に何度も洗剤を使い特に寒い日は、どうしてもお湯を使ってしまう為どうしても手が荒れてしまいますね。そこで食器洗いや水回りの掃除の時に役に立つゴム手袋をご紹介します。

ゴム手袋を使おうとした時に独特なゴムの臭いが気になったことはありませんか?こちらのゴム手袋はあの嫌な臭いを抑えるバニラの香りが付いています
素材は天然ゴム100%で立体構造になっており、手袋の中でゴムがベタッと肌に張り付く不快感がありません。手のひら部分には滑り止め加工が施されており、洗剤の付いた状態でも食器が滑り落ちにくくなっています。

このゴム手袋の一番の特徴は特許技術の「折り返しカフス」機能が付いているところです。手袋が濡れた状態で腕を上げてしまうと手袋の中に水滴が入ってしまい、冷たい思いをしたり手と手袋がピッタリとくっついて外しにくくなることがありますが、この「折り返しカフス」で折り返すことによって腕を上げても水滴が入らず、快適に水仕事をすることができます。

手荒れは治りにくいので台所用、お風呂場用にゴム手袋を用意しておいて、なるべく洗剤に直接触れない様にしてアカギレや肌荒れから手を守りましょう。

【カサベラ ウォーターストップグローブ】
カサベラ ウォーターストップグローブ商品ページはこちら


あったか、省エネ!断熱リフォームもおすすめ!

便利商品5選8.jpg

お風呂に入るとき以上に、お湯を張っていないバスルームを掃除するのはとても寒いものです。バスルームは場所柄、置き型の暖房器具は設置しづらいため、簡単に改善することはむずかしい...。

そこで優雅デザイン工房では、光熱費も全くかからず、 床の冷たさを感じにくい独自の断熱構造により浴室を寒く感じにくくなるサーモフロアの床にリフォームすることができます。

快適な入浴ができるだけでなく、寒くツライ掃除も楽にすることができます。他にもバスルームだけでなくキッチンなどを床暖房にすることで足元を温めるリフォームもオススメです!

優雅デザイン
http://www.yu-ga.co.jp/bathroom/


まとめ

寒い時期を快適に過ごすための便利グッズ、いかがでしたか?室内と屋外との気温差が大きい為、何もしていなくても体力を消耗しやすく、風邪などの病気にもかかりやすくなります。
ちょっとした便利グッズを使うだけで、掃除を始めとした家事の時短ができるのでその分気分のリフレッシュや休息をとって、心身共に健康に冬を乗り切りましょう!

お風呂場のカビ予防と掃除方法をご紹介!

カテゴリ:浴室更新日:2017年5月25日
清潔なお風呂場

みなさんの中に、お風呂場の角っこが知らない間に黒くなっていたという方や、タイルのつなぎ目やゴムパッキンにカビが張り付いて再生不可能かも......と思っている方はいらっしゃいませんか。

そうなんです。お風呂場はもともと湿度が高くなりがちで、こまめに掃除しなければ新築のお家であってもあっという間にカビが生えてしまう場所。もうすでにカビが生えてしまっている方は少しでもカビから守れるように、また新築のお家に住んでいる方はでできるだけ白くぴかぴかに保てるよう、一度お風呂掃除の方法を見直してみませんか。


お風呂掃除や、お風呂入ったあと普段どうしてる?

悩む女性

普段みなさんはどのようにお風呂掃除されていますか。 一般的には、まず浴槽に浴室用洗剤を吹きかけたあと、たわしやスポンジで軽くこすって、シャワーでお湯をかけて流して、終わり!という方も多いのではないのでしょうか。

そのあと、給湯器でお湯を沸かして入りますよね。お風呂に入ったあとはどうでしょうか。シャンプーや石鹼の泡が床についたままだったり、浴室やタイルにシャワーをしたあとの水滴がたくさんついていたりするということはありませんか。

今申し上げた、これらがすべてカビの原因です。浴槽にお湯をはって入浴することが多い日本では特に浴室内に水分(湿気)が溜まりがちなので、それらをこまめに取り除く必要があるのです。またそれ以外にもお風呂掃除を2日に1度しかしないというような方は要注意!お風呂場に空気がこもりがちでカビや水垢などが余計にたまりやすくなってしまいます。



浴室でカビが生えやすい場所は?

タイル

浴室でカビが生えやすい場所の多くは、タイルやカビのつなぎ目(パッキン)、お風呂のフタ、シャンプーボトルの裏、ゴム製やシリコン製の取っ手、バスチェアの底、排水溝などです。普段からこの辺りを気を付けてみているとカビの早期発見につながるでしょう。



毎日でも面倒にならない! 湿気・カビ対策3つのポイント

ひらめく指

湿気、カビ対策は普段からちょっとした心がけできれいに保つことができます。ここからはその方法について詳しくご紹介していきます。

1.水滴を拭く、ワイパーで落とす

水滴

まずはお風呂掃除の際のカビ対策について。

先ほどご紹介した、浴室に洗剤を吹きかけてこすってシャワーで流すというところまでは問題ありません。ただここからちょっとした手間をかける必要があります。

ポイントは洗い流したあとの水滴をまんべんなく拭き取ることです。浴槽や水道の蛇口などのあらゆる面を普通の雑巾やダスターなどで、とにかく拭き取ることが大切です。

また壁やタイルなど広い場所では浴室用ワイパーで上から下へとワイパーを滑らせて水滴を落とします。

これをできれば毎日することで、カビの発生率がかなりの割合で低くなります。ついでに余裕があれば、掃除する際にシャンプーボトルの底面や、バスチェアの底面、裏面も拭き取りましょう。特にバスチェアの脚の部分には滑り止め用のゴムがついていますが、ここにもカビが発生しやすいです。

掃除後はバスチェアを水滴がつきにくいシャワー台の上に置くか、ひっくり返しておいておくなど工夫しましょう。



2.お風呂に入ったあとは冷水で浴室全体を冷やす・湯船のお湯はできれば流す

シャワー

お風呂に入ったあと、水滴をまんべんなく拭き取るのは正直毎日やるとなると面倒ですよ。

カビは水分に加え、25℃前後の室温で発生しやすいといわれています。それを防ぐために、夏は冷水をかけると室温が下がりカビが発生しにくくなりますし、冬は反対に温度が高めのお湯を最後にシャワーなどでかけるようにすると水分が早く蒸発し、室内全体が乾燥しやすくなります。

さらに掃除後同様、浴室ワイパーをかけるのが効果的です。壁や床、ドアなど全体的に水滴が残らないようにするとより効果的です。

また、洗濯などで湯船のお湯を使用する方にとっては難しいかもしれませんが、湯船のお湯も入浴後できるだけ早く流してしまうようにするとより、湿気を防ぐことができます。



3.掃除中も、お風呂から出たあともできれば換気をしっかりと

換気扇

また大事なのが、掃除中やお風呂場から出たあとの換気です。

基本中の基本かもしれませんが、お風呂から出たあとは必ず換気扇を使用し、窓があれば窓も開けておくことです。こうすることで、夏場暑いときにもお風呂に入りやすくなりますし、常に空気が循環している状態になるので湿気がこもりにくくなります。

また窓を開けるときは、お風呂のドアや窓を閉めた状態で使用するとよいですね。こうすることで、効率よく換気ができます。

あと換気扇使用中は家の中のどこか1か所窓を開けて外の空気を取り入れるようにしましょう。これは家が密封した状態で換気扇を使用していると排水溝から空気を取り入れてしまうことがあるためです。



ちょっとしたひと手間で何年たってもきれいなお風呂場に

いろいろとご紹介いたしましたが、やってみるとそれほど時間はかかりません。毎日は無理という方は、2~3日に1回やるだけでも効果的です。

もうすでにこびりついたカビには、浴室用ハイターをかけて15分~30分ほどおいておくと薄くなります。ただカビの根っこが残っている場合があるので再発もしますが、一時的な処置としては効果的です。ぜひお試しください。

お風呂のリフォームをご検討中の方へ

カテゴリ:浴室更新日:2016年4月27日


桜も散って日中は汗ばむ陽気にだんだん変わってきました。
汗をかいた後はお風呂でサッパリ洗い流したくなりますね!
今回は本格的に夏になる前にお風呂のリフォームを考える、リフォーム時期のサインをまとめました!


1.お風呂のリフォームのメリット



お風呂のリフォームをする時は大体お湯が沸かなくなったなどの故障が発生した場合などお風呂に入れない状態になってしまった時にするという方が多いと思います。
リフォームするのは故障が起きる前に行なったほうがお得な場合が多いとういうことをご存知ですか? お風呂のリフォームのメリットをご説明します!



土台や壁などの修繕費を抑えることができる



浴室の壁や床にひび割れを放置するとその中の基礎となる部分が湿気で腐食し、大規模な修繕工事が必要になる場合があります。
ひび割れを発見した時はなるべく早くリフォームすれば簡単な修繕で済む場合が多く、リフォーム費用をグッと抑えることが出来ます!



最新のエコ設備に変えることで日々の電気代などを減らすことができる



給湯器のスイッチを入れてから中々お湯が出ない、追い焚き機能がついていないので家族全員がお風呂に入り終わるまでに何度もお湯を足すなど日々お風呂に入る時にお金がかかっているポイントがあれば、最新の設備でグッと減らすことができる可能性が高いです♪
設備の付け替えには工事費や取付費がかかりますが、毎日の出費が減るので長い目で見れば十分に節約になります。




2.お風呂のリフォームのタイミング



お風呂のリフォームのタイミングにはいくつか目安があり、該当するものが多いほどリフォームを検討した方が経済的にも健康的にも良いです!



チェック1.築年数が15年以上経っている



お風呂の種類や材質などにもよりますが、一般的に15~20年でリフォームが必要になるケースが多いです。
浴室内のひび割れなどの傷、掃除しても落ちないカビなどが長年ある場合はリフォームを検討しましょう。


チェック2.浴室内にひび割れやサビがある



お風呂のリフォームのメリットでも書きしましたが、ヒビ割れは土台などの腐食の原因になります。
また、サビの発生は金属の腐食が進んでいる可能性が高く、蛇口が取れたり水漏れを起こしたりする場合があります。


チェック3.脱衣所の床がブヨブヨになっている



床がブヨブヨと柔らかくなっていたり、ギシギシと音が鳴るような場合には床下が腐食し、シロアリが発生している場合があります。
もしシロアリが発生していた場合、お風呂周りだけでないく家の基礎全体に広がる可能性が高いので、早めの点検・対策を行いましょう。


チェック4.家族構成に変化があった



子供が産まれた、または独り立ちした時や、手足の骨折や病気などで今まで通りに身体を動かすことが困難になった場合、高齢のご両親などと同居することになった場合などに、家族それぞれが使いやすいお風呂にリフォームするのがオススメです。
お風呂は家の中で最も事故が起こりやすい空間なので、手すりや浴槽の高さなど、家族やリフォーム業者と相談しながら快適なお風呂を作りましょう。


チェック5.自宅を売却や賃貸に出す



中古の物件を購入しようとしている方や、賃貸物件を探している方の多くは水回りの綺麗さを気にされることが多いです。
お風呂にカビやサビなどがある場合はもちろん、使用感が残っていると他の条件が良くても嫌厭されてしまうので、綺麗にリフォームしておきましょう!






3.お風呂のリフォームを行なうときのポイント



いざリフォームを行おうとリフォーム業者に見積もりを依頼する時や、リフォーム業者を選ぶ時に抑えておくと安心のチェックポイントをご紹介いたします♪



リフォーム予算・現在のお風呂の状態・リフォーム後に付けたい機能をまとめておく

リフォーム業者に見積もり依頼をする時は、どのような状態からどういう風に変えたいのかを明確にしておきましょう。
お風呂の浴槽・床・壁などそれぞれの材質や種類は多岐に渡るので、どういう機能が欲しいのかを分かりやすく伝えることでより正確な見積もりや予算内で最適な素材を紹介して貰えます♪


会社の知名度よりも人柄や中身を重視する

テレビCMなどの広告でよく見かけ、会社の規模も大きく有名だから安心という訳ではありません。特に企業の規模が大きくても担当者の人柄や仕事内容がよくなければ結果的にいいリフォームは出来ません。
お客様のご要望にいかに応えるかを真摯に考えてくれていると感じられるような人間がいるかどうかはリフォーム業者選びのとても大切なポイントです。


リフォーム後のアフターサービスも考慮する

リフォーム直後は大丈夫だったが、少し経ったら故障などのトラブルが発生した。なんてこともあるかもしれません。そんな時にアフターサービスの有無でかかる費用も大きく変わります。
アフターサービスが無かった場合は修繕に大きな費用がかかる場合もあるので、リフォーム前の相談時にアフターサービスの有無や内容をしっかり確認しておきましょう♪


複数のリフォーム業者から見積もりをとる

同じ内容のリフォームの見積もりでも会社ごとに施工方法や提案する材質などの違いにより金額は大きく変わってくる場合があります。
また、施工方法など以外のサービス面も考慮に入れて2~3社くらいから見積もりを出してもらいましょう!






リフォーム後のお風呂を綺麗に保つお掃除グッズのオススメサイト!

ベルメゾン:家庭の便利グッズを数多く取り扱うベルメゾンのバス・トイレ掃除用品の紹介ページです♪

ニトリ:低価格の家具が揃うニトリのお風呂掃除グッズ!




まとめ

お風呂はお家の中でも事故率が高く、入浴中に扉や給湯器の故障が発生すると命に関わる事故になることも多いのでメンテナンスに特に気を使いたい場所です!
リフォームにはお金がかかりますが、お風呂全体を一気にまとめてリフォームする方が1箇所毎の価格が安くなる場合が多いそうなので、築年数が15年以上経っているお家にお住まいの方は是非リフォームをご検討ください!


お風呂のリフォームは建設業法・県許可で安心の優雅デザイン工房におまかせ!
浴室リフォームのビフォーアフター紹介!はコチラから!

梅雨直前に知っておきたい!健康の敵カビ対策!

カテゴリ:浴室更新日:2015年5月28日
DSC_0024web-600x401.jpg

もうすぐ全国的に梅雨入りする時期ですね。梅雨はカビの発生シーズンでもあります。。
カビの予防と除去方法をお教えいたします!

POINT.1 カビが発生する原因を知ろう

カビの発生しやすい場所といえば「浴室」「キッチン」「押入れ・靴箱」「窓のサッシ」など、水回りと湿気のたまりやすい場所です。
でもどのご家庭にもこれらの箇所があるのにすぐにカビが発生する家とそうでない家がありますよね?
カビが発生するかしないかは「カビの3大原因」対策がされているかどうかによって大きく変わります!

【カビの3大原因】

【1】湿度
カビが活発に増殖する湿度は70%以上と言われています。日本の気候は特に夏は湿度が高く、梅雨時などは何も対策していない場合には70%を超える日が続くこともあります。
また、湿度が70%以下でも壁や畳・カーペットの裏などの部分的に湿気が溜まっているとそこから発生することもあります。

【2】温度
カビが活発に増殖する温度は20~30℃と言われています。ですがカビの活動できる温度は0~50℃と幅広く、20℃未満・30℃以上の場所でもゆっくりではありますが繁殖していきます。

【3】栄養
カビは地球上の微生物の中で、約36%程度を占めていると言われるほど存在します。なので家屋に発生する主なカビに限定しても栄養源は食品や紙・木材、皮脂、石鹸など多岐にわたります。
カビは目に見えないほど小さな菌の塊です!ちょっとした汚れやホコリもカビにとっては大きなご馳走になってしまいます。




POINT.2 カビが発生したら起きること

カビはきのこなどと同じ「菌」の仲間で、胞子を飛ばして繁殖します。胞子は3~6ミクロンと非常に小さく、人が歩いた時の風圧でも舞い上がります。
この胞子はカビが広がる他にも人の体にとても有害です。もちろん、カビ本体も人の体に様々な悪影響を及ぼします。

様々なアレルギー症状

カビは本体も胞子も目に見えないほど小さいので鼻の中や肺に入り込むことがあります。
この鼻や肺に取り込まれたカビが溜まってしまうとアレルギー性鼻炎や過敏性肺炎を発症してしまう事があります。


水虫

水虫も発生の理屈は家の中に発生するカビと一緒で、体温で30℃弱に保たれ、靴や靴下の中で汗が籠もり靴内の湿度が70%前後になっている時間が長時間あると発症し易いです。
基本的に水虫を発症した人から剥がれ落ちた皮膚を踏んでしまったり、同じ足ふきマットや靴、裸足で歩く床を介して菌が移った状態で上記の環境に足がなっていると発症するとされています。


ダニ

ダニはフケや食べこぼし、カビなどを餌としているので、カビが発生すると高確率で一緒に繁殖します。
ダニ自体の害は人やペットを刺して炎症を起こさせたり、感染症の媒介・死骸や糞などによる喘息・アレルギー・皮膚炎・結膜炎などの原因となることで、特に病気の方や小さなお子さん・お年寄りの居るご家庭では注意が必要です。


カビ毒

文字通りカビが作り出す毒素のことです。カビ自体は加熱処理で死滅ものが多いですが、カビ毒は高温に強いものもあり、食べ物などから摂取した場合最悪の場合死に至ることもあります。






POINT.3 カビ退治

家の中でカビが発生しやすい2大ポイントの取り除くコツをお教えいたします!


【お風呂】

お風呂場は湿度が常に高くお湯を使うので温度もあり、皮脂や石鹸カスなどのカビの栄養源も多く天井や壁など広範囲にカビが発生してしまう場所です。


①酢水をかける
霧吹きボトルに酢1と水5を混ぜた液体を入れて吹き付けます。
その後吹きつけた箇所を歯ブラシなどでこすります。


②酢水だけで落ちない時は重曹も
①の作業で落ちない時は落ちなかった箇所に重曹をかけて1~2時間放置します。
時間がたったらブラシで擦り、シャワーで洗い流します。


③それでも落ちなかったら塩素系漂白剤
①と②の作業でも落ちない根深いカビには塩素系漂白剤をかけます。
直接かけるよりもキッチンペーパー等をカビの上に乗せ、上から染み込ませるようにかけて軽く抑えてしばらく放置するとより効果的です。




【キッチン】

食べ物があり、調理の際の水蒸気で湿度も高くなりがちなキッチンもカビの発生し易い場所です。


①食器や調理器具などにカビが発生していた場合
大きめの桶を用意し、カビが発生してしまった食器類などをまとめて塩素系漂白剤につけ置きします。
30分~1時間浸け置いたら水で綺麗に洗い流しましょう。


②棚や冷蔵庫内に発生していた場合
内容物を取り出して塩素系漂白剤を付けた雑巾などで細かい場所も綺麗に拭き上げます。特に冷蔵庫は密閉されているのでわずかでもカビが残っていると再び繁殖してしまいます。
拭き終わったら今度は水拭きをし、最後に消毒用エタノールで吹き上げて仕上げの殺菌を行います。


③カビ取りを行なった雑巾類の処理
カビ取りを行なった雑巾などの道具にはカビの胞子が大量に付着しています。他の場所に使う前によく洗い、カビ取りする場所ごとに何枚か使い分けるなどしましょう。
繰り返し使う場合には塩素系漂白剤つけ置きして、よくすすいでから干しましょう。


【注意するポイント】
・ゴーグル、ゴム手袋、マスクを着用しましょう!
・作業中や作業後もしばらく換気をしっかり行いましょう!特に塩素系漂白剤を使う場合にはニオイで気分が悪くなることがあります。
・各作業ごとにしっかり水で洗い流しておきましょう!塩素系漂白剤は酸性の物質と混ざると有毒な塩素ガスが発生します。流し残しの内容にしっかり水で洗剤類を流しましょう。




POINT.4 カビを増やさないための対策

カビを発生させないための予防法を知れば、家も家具も長持ち♪




湿度を下げる



kansouzai_silicagel.png

カビの好む湿度70%以上にならないようにするための簡単で基本的な方法は「換気」をすることです。
ただ窓を開けるだけでなく、キッチンの換気扇や扇風機やサーキュレータなどの送風機を使って部屋の空気に「流れ」を作るとより効果的です!

湿度を下げるもう一つの方法は水回りや結露などの「水分を拭き取ること」です。
特に浴室とキッチンの流し台などは1日の最後にキッチンペーパーやタオルなどで乾拭きするだけで、カビの発生率をグッと抑えることができます!




こまめに掃除する



soujiki_woman.png

カビは人の食べこぼしも皮脂やフケも石鹸カスも栄養源とします。
こまめな掃除はカビの栄養源を断つことに繋がり、快適な生活にも繋がります!




エアコンなどのフィルターを定期的に洗う



eakon_souji.png

エアコンや空気清浄機などの空気を循環させる機器のフィルターには必ずホコリが溜まります。
そのホコリの中で生息しているカビが胞子を出し、取り除かずにそのまま稼働させると部屋中にカビの胞子が飛び散り、健康被害が起きる場合もあります。
月1や1シーズンごとにフィルターを掃除するようにしましょう♪




お風呂の後に冷水をかける



ryouri_metabo_furo_68.png

お風呂は湿度も温度もカビの好む環境なので、まずお風呂の後に浴室内の温度を下げるようにしましょう!
この時にシャンプーや石鹸の泡の飛び散りなどがあれば一緒に流してしまうとより効果的です。




PickUp! 畳やカーペットの裏のカビ対策

畳やカーペットはなかなか取り外さないものなので裏側はつい見落としがち!
晴れた日にお布団みたいに干しましょう♪

【畳】
畳は藁の中や表面の凹凸にカビが入り込んでいることがあるので、最初にアルコールなどでゆっくり表面を拭き取ります。
次に固く絞った雑巾で表面を再度拭いたら除湿機や扇風機でよく乾かします。
仕上げに日光が良くあたる場所で最低10分は干します。この時に畳の藁の中に潜伏しているカビは熱で死滅します!

【カーペット】
カーペットは使われている素材を先ず確認し、大丈夫であれば洗濯機で丸洗いする、アルコールで軽く拭き取る、日光がよく当たる場所で干す
以上のいずれかの対策を行いましょう♪



カビにお悩みの人必見!おすすめサイト

家事玄人(カジクラウド):エアコンのカビ取りや浴室・キッチンの丸ごとお掃除サービスを提供してくれるネットからのお申し込みも出来る便利なお店です♪

カビ取り屋.com:現場専用調合処理MAD工法というその時々の建物や物に合わせて最適化したカビ取り方法でどんなカビも落とすカビ取り専門店です!ご家庭のカビ取りのご相談窓口もあります☆




まとめ:毎日の一手間が健康な体の第一歩

カビは発生してしまったら塩素系漂白剤などの強い薬品を使わないと取れないと思っていましたが、今回の記事を書くにあたり色々と調べて、もちろん塩素系漂白剤が必要なシーンもあるけれど
使った後に拭いたりすることでそもそもカビの発生自体を予防できるんだなぁと学びました!
カビ自体が無ければ室内でかかる重い病気や呼吸器系のアレルギーもかかりにくいのはもちろん、強い洗剤類を使わなくて済むので飛沫が肌に当たってかぶれたりする事故も無くなり安心安全ですね♪


汚れがつきにくければ日々のお手入れも楽ちん!
お風呂リフォームのおすすめ6プランはコチラから!

お風呂もオシャレに♪「バスグッズ」特集

カテゴリ:浴室更新日:2014年9月26日

みなさんこんにちは!

今回は折角お風呂をリフォームするならお風呂場のインテリアにもこだわりたいという方におすすめしたいバスグッズをご紹介いたします。
お風呂も立派なお部屋の一つ!オシャレにコーディネートしましょう♪




グッドデザイン賞を受賞したバスグッズシリーズdureau clear(デュロークリア)のバススツールです。
クリアカラーを始め全7色のバリエーションと平均的なバススツールよりも若干高めのサイズで、シンプルながらも座りやすいスツールです。


価格\5,800円 (税込 6,264 円) 送料込
狭いお風呂場でもクリアカラーは圧迫感を感じさせません。同じカラー展開で手桶と湯桶もあり、揃えるとよりスタイリッシュ。







半身浴や長風呂をする時に便利なバスブックスタンドです。
雑誌や本を読む時に便利なブックスタンドは取り外すと防水テレビや飲み物を置けるバストレイに。


価格:3,800円(税込 4,104 円) 送料込
お風呂以外でも使えるのでレシピや楽譜を置いたりと両手が塞がる作業の時に便利そうです。








お家のお風呂でスチームサウナを楽しめるビニールドームです。
半身浴をしながら熱めのお湯をドームの中に出すだけでサウナに、お好みのエッセンシャルオイルなどを入れればアロマ温浴を楽しめます。


価格:12,960円(税込)
見た目がなんだか面白いですが毎日サウナに通うよりよっぽどお得ですね。
設置は天井に吸盤で付けるだけでできて、特殊構造の滑車で簡単に上げ下げできるそうです。







置くのではなく飾る。片づけるのではなくレイアウトする。がコンセプトのバスグッズシリーズmog(モグ)です。
石鹸やタオルだけでなく、シェイバーやコップまでも壁にくっつけちゃいます。


【シェイバーホルダー】価格:864円 (税込)
シンプルなデザインでシリーズ全体のお値段もリーズナブル。くっつける位置を考えるのが楽しそうです。







ちょっぴりホラーなバスマットです。
水で濡れた部分が赤く染まります。おもしろグッズではありますがちゃんと水分を吸ってバスマットとして機能してくれます。


価格:¥1,800 (税込 1,944 円)
マットの裏にはビックリしても安心な滑り止め加工が施されています。お友達を泊める機会の時に使いたいマットです。




まとめ:バスグッズと一口に言っても様々な種類やデザインがあり、お風呂場のインテリアをきちんとコーディネートするには結構センスが問われそう
という印象を受けました。これを機にお風呂場から洗面台まで統一感あるインテリアコーディネートに挑戦してみたいです。
自分好みの浴室に華麗に変身!浴室のリフォームはコチラから!