福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページ > ブログ(戸建てリフォーム)
ブログ
カテゴリ

戸建てリフォーム

失敗しないウォークインクローゼット!事例紹介も

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2019年4月25日
1904_1.jpg

一軒家や賃貸物件でも増えてきたウォークインクローゼット。通常のクローゼットよりもたくさんの荷物や洋服などを収納できる便利なスペースなので、新築やリノベーションでも検討される方が増えています。

しかし作るとなると、どこに作った方が使い勝手が良いか、湿気や換気はどうなっているのかなどの疑問が出てきます。
クローゼットとウォークインクローゼットの違いやメリット・デメリット、ウォークインクローゼット備え付けるときのポイントを押さえておきましょう。




クローゼットとウォークインクローゼットの違い

1904_2.jpg

クローゼットとウォークインクローゼットはどちらも主に衣類の収納に使われますが、それぞれの違いをご存知ですか?
クローゼットとウォークインクローゼットについてご紹介します。


クローゼット

クローゼットは衣類をしまうために洋室に設置されている収納で、中にはハンガーパイプが取り付けられています。間取り図では、「CL」と表記され、奥行は50cm~60cm程度で人が中に入って着替えられるほどのスペースはありません。


ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、人が入れるサイズのクローゼットのことです。間取り図では、「WIC」と表記されています。
ウォークインクローゼットは独立した小部屋なので、収納だけでなく中で着替えることもできるのが特徴です。また、通常のクローゼットよりも広く収納力も高いため、衣類のほかにもスーツケースやゴルフバッグなどの大型のバッグ類や雑貨なども収納できます。




ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

1904_3.jpg

ウォークインクローゼットのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

<ウォークインクローゼットのメリット>
ウォークインクローゼットのメリットは、アウターから下着まであらゆる衣類をまとめてしまえるため管理がしやすいことです。衣類だけでなく、バッグや帽子、アクセサリーなどのファッションアイテムをすべて一ヶ所に収納できるため、出かける際の準備がしやすくとても便利です。クローゼット内に十分な広さがあれば、衣替えの手間もありません。
また、広さによっては衣類だけではなく、スーツケースやゴルフバッグ、プール用品やスキー用品といった大型用品や季節品まで収納できることできます。


<ウォークインクローゼットのデメリット>
ウォークインクローゼットは人の立つスペースが必要な分、クローゼットの広さに対して収納スペースが減ることがデメリットです。また、収納できるアイテムが多いため、適当に詰め込んでいくと、物があふれて使いにくくなってしまいます。定位置を決めておき、収納がいっぱいになってきたら、不要な物は処分して常に奥まで人が入れるように整理するようにしましょう。




ウォークインクローゼットの広さ・間取り

1904_4.jpg

ウォークインクローゼットの広さは平均3畳前後で、部屋とクローゼットの出入り口が一つの個室タイプが一般的です。

クローゼット内の間取りや広さは使う家族の人数と収納する物の量や種類で決めるのがおすすめです。夫婦2人で使うなら2畳〜3畳、子どもと共用で使うなら3畳以上の広さ、アウトドア用品などの大型のイベント・季節用品なども収納する場合には3畳〜4畳以上の広さが理想的です。

衣類をメインに収納する場合は片面をハンガーラックに、反対の壁を収納棚にするⅡの字型収納がおすすめです。衣類でもコートやシャツなどハンガーに掛けて収納するものが多い場合は3面をハンガーラックにするコの字型収納が良いでしょう。




人気の設置箇所

1904_5.jpg

新築やリフォームなどで新たにウォークインクローゼットと設ける場合に人気の設置場所をご紹介します。



起きてすぐ着替えられる寝室

設置場所で最もよくあるのは、寝室に出入り口のあるウォークインクローゼットです。 朝起きてすぐに着替えられ、部屋にタンスなどの衣類の大型収納家具を置く必要がなくなるため、部屋をスッキリと落ち着いた印象にすることができます。



上着の花粉を持ち込まない玄関先

花粉や黄砂など外出時に衣類に付いたアレルゲンや汚れを室内に持ち込みたくない方に人気の設置場所が玄関先です。玄関からすぐ着替えることができるほか、シューズクロークも兼ねる事ができるので出かける直前のトータルコーディネートのチェックもしやすいため、ファッションこだわりのある方にも人気の設置場所です。



シンプルな動きができる洗面所奥

タオルやシャンプーなどの消耗品のストックやパジャマ・ルームウェアの着替えに便利なのが洗面所奥のウォークインクローゼットです。
この場所に設置する場合は、脱衣所とリビングまたはキッチンなど隣接させ、ウォークインクローゼットを通って部屋を行き来できるよう、室内の動線の一部にするのがポイントです。



洗濯物を簡単収納できるテラス横

テラスに干した洗濯物をすぐに収納でき、ウォークインクローゼット内でアイロンがけを行えるとても便利性の高い設置場所です。テラス側に換気窓を取り付ければ高い通気性を確保することもできます。




2ドアもおすすめ

1904_6.jpg

廊下やリビングにウォークインクローゼットを設置するときは2ドアがおすすめです。通常ウォークインクローゼットには扉が付いていませんが、2ドアにして引き戸の扉をつけることで日常使いのときは出入りしやすく、お客様を招いた時には扉を締めて目隠ししてプライバシーを守りつつスッキリとした印象を与えることができます。




場所によっては窓の設置が必須

1904_7.jpg

ウォークインクローゼットの内部は空気がこもりがちになるので、臭いや湿気が溜まりやすくなり、カビやニオイ移りが発生することがあります。そこで窓を取り付けることによって空気の入れ替えを行い湿気や臭いを逃がすことで中の衣類をカビやニオイ移りから守ることができます。

また、ウォークインクローゼットは部屋の奥に設置することが多く日当たりが悪い場所になることが多いので、窓からの日光で日中は電気をつけなくてもクローゼット内を使うことができます。




リフォーム時と新築時の違い

1904_8.jpg

ウォークインクローゼットを作る時、新築の場合は設置場所や内部のレイアウト、間取りなどを自由に決めることができます。夫婦2人分の収納に使う場合には2〜3畳、夫婦2人と子ども2人の4人分の収納に使う場合は3〜3.5畳程度の広さがおすすめです。

また、出入り口を2つ付ける「ウォークスルークローゼット」というタイプなら、寝室と廊下の間に取り付ければ、家族がおやすみ中のお部屋に入らずに着替えや洗濯物が収納できます。

リフォームで後付けするときは、主に押入れや元から付いているクローゼットを拡張するか、空きスペースを利用する場合の2パターンでの設置になり、費用は平均18〜80万円前後になります。

使わなくなった和室をウォークインクローゼットにリフォームする場合、壁紙や床材の変更や、照明や電源の追加などが必要になる場合があり、その分さらに工事費用がかかります。
リフォームする場合には予算と希望のリフォーム内容を施工業者に伝え、よく相談することが大切です。




増築が難しい場合はDIYでウォークインクローゼット風に

1904_9.jpg

賃貸で原状復帰が必須などの理由で、リフォームや増築が難しい場合にはDIYでウォークインクローゼット風の収納を作ることもできます。

ハンガーラックと木材で釘を使わずにできるクローゼット風収納や、収納棚に突っ張り棒を組み合わせてクローゼット風に改造する方法もあります。


実際にDIYでウォークインクローゼット風収納を作っている方の事例はこちら


・角材を突っ張り棒のように使えるようにする「ラブリコ」を使ったおしゃれな壁面収納!
https://roomclip.jp/photo/dwSB

・収納棚を改造して子ども用の簡易クローゼットに
https://ameblo.jp/eucalyptus-a/entry-11985561157.html

・釘やネジを使わずに木材を組み立てられるPLAYWOOD(プレイウッド)使ったDIYです
https://diyers.co.jp/articles/ciNU3




ウォークインクローゼットの事例紹介


大容量なのにスッキリとした印象のウォークインクローゼットです!
クローゼットの中でどのように収納を分けているのかわかりやすく説明されています。




こちらは和室をDIYでウォークインクローゼット風に改造している最中の様子です。
両側をハンガーラックにしていて大容量の収納ができそうです!




まるでセレクトショップのようなおしゃれなウォークインクローゼットです。
ハンガーラックに真鍮のレトロなポールを使い、仕切壁を無くすことによってよりスッキリして真鍮ポールが引き立っています!



まとめ:失敗しないために動線を考えよう

ウォークインクローゼットは、収納力が高く近年では多くの新築やリフォームで取り付ける人が増えています。しかし一方で、「便利そうだから作ったものの、うまく活用できない」という声も多く、結局物置状態になっているという人も。

ウォークインクローゼットを使いやすくするポイントは部屋と収納の行き来のしやすさを考えて設置することが大切です。
着替えや衣類の収納に使うということは毎日洗濯物を畳んで仕舞うという作業が必要になるので、クローゼットの中に持ち込んで畳める空間にすることや、畳んだ洗濯物をスムーズに運ぶことができる位置に作ることで利便性がグッと上がります。

また、玄関先に設置するなら間口を広めにとって、折りたたみ自転車は庭の整備用品の収納に使えるように床材を泥汚れに強いものにするなど用途によって設備を整えておくことも利便性を上げるポイントです。

なんのためにどのように使いたいのかを最初にイメージして、使い勝手の良い最高のウォークインクローゼット作りを実現しましょう。

ホームエレベーターの費用、相場を紹介

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2019年3月28日
1903_1.jpg


2階建て、3階建ての一戸建て住宅に住んでいて、将来不安になるのが階段の上り下り。

今は問題なく移動できていても、高齢になった時に今と同じようにトラブルなく上り下りできるか、同居家族に年配の方がいて近い将来階段の移動が難しくなる懸念がある、そんな問題を解決するのがホームエレベーターです。

階段での移動の足腰への負荷を無くすだけでなく、踏み外しなどの事故の予防や荷物の運搬、車椅子や杖を使う生活になっても介助人と一緒に移動できるなどの様々なメリットがあります。

しかし便利な分費用も高く、初期費用は平均330万円、ランニングコストは年間8万円以上かかります。

ホームエレベーターの種類やメリット、必要なコストの内訳などをご紹介します。





ホームエレベーターの設置費用


1903_2.jpg


ホームエレベーターの販売価格は本体価格と設置工事費の合計価格になっていることが多く、一般的なホームエレベーターは本体価格と設置工事費の合計が250万〜450万円程度が相場です。

本体価格は220万〜400万円前後、設置工事費は30万〜50万円前後が平均とされています。

工事費用はエレベーターを設置できる吹き抜けの有無や住宅の構造が木造か鉄骨かなどの条件の違いによって大きく変わります。

また、既存の住宅を一部解体する場合や、エレベーター分増築する場合にはさらに追加の費用が発生する可能性があります。





エレベーター設置には申請費用も必要に!


1903_3.jpg


エレベーターの設置には必ずエレベーター専用の公的機関への確認申請を行う必要があります。これはエレベーターを設置する住宅が現在の建築基準法に適応しているかを役所で確認してもらうために必要な手続きで、この確認を受けなければエレベーターを建設することができません。

住宅に増築してエレベーターを設置する場合も、増築部分が10平方メートルを超える場合や、エレベーターを設置する住宅が防災地域にある場合にも確認申請が必要になります。

これらの手続きは基本的にエレベーターの施工業者を通して行われることが多く、費用は10万〜15万円程度かかります。




強度がない家は、自立鉄塔の費用も

1903_4.jpg

エレベーターの設置にはある程度の住宅の強度が必要になります。しかし、エレベーターが設置できるほどの強度がない住宅にも自立鉄塔を追加することにより設置が可能になります。
自立鉄塔の設置費用はエレベーターの価格に+50万〜100万円程になります。




設置後のランニングコスト


1903_5.jpg


ホームエレベーターの設置後にも可動させ続ける為に必要な費用が発生します。それがランニングコスト(維持管理費・運用コスト)です。

エレベーター設置後にかかる主なランニングコストの種類と費用の相場をご紹介します。



電気代

エレベーターを可動させるのに必要な電気代は1ヶ月あたり500〜600円程度かかります。この金額は1日平均20回程度の利用をした場合を想定していますので、利用回数が増えると金額が上がり、少なくなれば金額は下がります。




法定点検費用

建築基準法第8条により、エレベーターの所有者は定期点検を受ける義務があります。

定期点検はエレベーターの購入時にメーカーと直接メンテナンス契約を結び、定期的行われます。費用は年間4万〜7万円程度です。




固定資産税

固定資産税は土地と物件の評価額によって増減します。住宅にエレベーターを設置するとその住宅の評価額が上がり、固定資産税が高くなります。

現在の固定資産税+2万円程度の金額になります。





オイル交換代(油圧式の場合)

エレベーターの機種を油圧式にした場合、約5年毎にオイル交換を行います。

オイル価格は交換時期の原油価格などにより変動しますが、一回の交換に平均5万円程度かかります。



ホームエレベーターの種類とは?


1903_6.jpg


ホームエレベーターにはロープ式と油圧式の2種類があります。それぞれの特徴を知ることで理想のエレベーター選びに役立てましょう。





駆動方式

ロープ式と油圧式は駆動方式の種類のことです。ロープ式はカゴ(エレベータールーム)をワイヤーロープで吊り上げるものや釣合おもりを使用したものなどがあり、ビルやマンションなど幅広く使われており、低騒音・省エネで人気の高い種類です。

油圧式は電動ポンプで油の圧力を制御しながらカゴを昇降させるタイプで、到着・稼働開始時の揺れが少なくなめらかで快適な乗り心地が特徴です。




建物の構造

住宅の構造は木造と鉄骨・RCの2種類に分けられます。

戸建ての住宅で最も多いのは木造住宅ですが、近年では耐震性・防火性の高さから鉄骨・RC住宅も増えてきています。

エレベーターの設置には建物の強度が必要になるので、将来的にエレベーターを設置することを視野に入れていて新居の購入・建築を考えている方は、メーカーにその旨を相談しておくとスムーズな導入ができるでしょう。




各種類の費用

エレベーターの設置費用の相場を構造と駆動方式別でご紹介します。

木造/ロープ式:275万〜480万円
木造/油圧式:300万〜430万円
鉄骨・RC /ロープ式:270万〜460万円
鉄骨・RC /油圧式:290万〜420万円

若干、木造より鉄骨・RCの方が安くなる傾向がありますが、基本的には建物の構造の違いで大きく工事費用は変わらないと言えます。



サイズも様々

ホームエレベーターには二人乗り・三人乗り用や車椅子対応タイプや2階建て専用モデルなど、メーカーによって様々な種類が発売されています。

エレベーターを使う目的とメインの利用者を明確にすることによって、住宅に最適なサイズと種類を選びましょう。




耐用年数にも気をつけよう


1903_7.jpg


エレベーターの耐用年数は平均25〜30年と言われています。

現在とくにエレベーターは必要ではないが、将来に自分たちや同居家族の介護に備えて設置しておこうと考えている場合、ほとんど使っていないのに介護開始時にすぐに買い替えなければならなくなる恐れもあります。

今現在必要な場合や、数年内に必要になる可能性が非常に高い場合などにエレベーターを導入しましょう。





階段リフトで代用できる場合も


1903_8.jpg

今の住宅でエレベーターの取り付けが難しい場合や、金額的に諦めざるを得ない場合におすすめなのが階段リフト(階段昇降機)です。

エレベーターは設置に200万円以上かかり、大掛かりな工事も必要になりますが、階段リフトは住宅の階段にレールとリフトを取り付けるだけで済むので、エレベーターの半額以下の費用で後付する形で設置することが可能です。

リフトは直線の階段にもカーブしている階段にも対応していて、リフトの座面は折りたたむ事ができるので、利用者以外の家族の階段の利用を邪魔せずに使えます。





設置費用

設置費用は階段の形状や製品の種類によって変動します。今回は階段の形状別の平均費用をご紹介します。

直線型:60万円前後
曲線型:120万円前後

曲線型が直線型の2倍程高くなるのはレールの制作がオーダーメイドになるためです。

直線型の場合は一個あたりの価格が安い量産品が使えるのに対し、曲線型は階段の形状に合わせてレールを作成する必要があるため価格がグッと高くなります。

もちろん直線型も曲線型も性能に差はありません。





ランニングコスト

階段リストの場合、必要なランニングコストはバッテリー充電の為の電気代と年間保守費用(メンテナンス費用)のみになります。

電気代は月100〜150円程度で、こちらも使用頻度に応じて増減します。

メンテナンス費用は年間3〜5万円程度が相場です。座っている椅子が直接動く階段リフトの場合、急な不具合が怪我に繋がることもあるので、年に1回専門業者に点検をしてもらいましょう。





ホームエレベーターとの違い

階段の上り下りの負担を解消するという理由でどちらかを導入するなら設置費もランニングコストも低い階段リフトがおすすめです。

しかし、階段リフトは移動速度が安全のためゆっくりと動くようになっています。なので3階以上の階数のある住宅の場合はエレベーターの方が移動時間のストレスが低く使い勝手がいいでしょう。

また、車椅子からリフトへ自力で移ることが困難な方がいる場合や、介助人と一緒に上り下りしたい場合、車椅子などの移動の他に上下階で重い物や大荷物の上げ下ろしを頻繁に行うなど様々な状況に応じられるのがエレベーターの強みです。

ですが、やはり導入時も導入後も費用が高く、大掛かりな工事と公的機関への申請などの手間もかかるので、2階建ての住居で階段の上り下りのみに使う場合は階段リフトの方がいいでしょう。

価格で考えるなら階段リフト、利便性で考えるならホームエレベーターと言えるでしょう。





ホームエレベーター設置例

実際にホームエレベーターを住宅に設置した方たちをご紹介します!

こちらは子育ての負担を軽減する為にエレベーターを取り付けられたご家庭です。
白を基調としたデザインが内装とマッチしていますね!



ダイニングキッチンに繋がるエレベーターです。
広々とした奥行きのあるお部屋と相性バッチリ!



こちらは黒いシックなエレベーターの設置中のお写真です。

3階建てで屋上にジャグジー付きの豪華なお家に合う上品なデザインですね!




まとめ:安全な家を手に入れる

2階建て以上の住宅で多い階段事故。足腰が弱くなった高齢者や、小さな子供の落下事故が多く、足腰に問題がない健康な若い人でも足を滑らせて落下することも少なくありません。
住宅での階段事故で死亡者数は交通事故の死亡者数よりも多く、実は住宅の階段は高い危険性があるのです。
ホームエレベーターは階段による不慮の事故を回避できるほか、荷物の上げ下ろしや介護や子育ての負担を減らすことができます。もちろん決して安いものでは無いので、エレベーターの導入が難しい時は階段リフトの導入の検討や、階段に滑り止めや手すりなど事故を防ぐためのリフォームをすることも有効です。快適な生活のために、危険の少ない安全な住宅づくりを行っていきましょう。


コンセント増設リフォームの費用、相場

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2019年2月27日
1902_1.jpg

皆さんは住まいのコンセントの位置や数に不満はありませんか?
スマホやIOT家電などの普及で、家庭で電気を使う物が増えている現在、それらの充電の為のコンセントが必要になり、コンセント不足のご家庭が増えています。

また、小さなお子さんのいるご家庭ではコンセントに物を挿し込んだり、コンセントに挿しているプラグを触るなどのいたずら防止の為に、子供が触れる位置のコンセントを塞いでいて使えるコンセントの数が足りなくなっているという状態も多く見られます。
これらのコンセント不足を解消するコンセントの増設リフォームについてご紹介いたします。



コンセントの増設ってできるの?

1902_2.jpg

コンセントの増設は資格を持つプロに依頼する必要がありますが、工事自体は30分〜1時間程度と以外に早い時間で増設することができます。
増設したい場所や種類にもよって工事費用や工事内容が変わるので、コンセントの増設リフォームに必要な基礎知識を知って便利な場所にコンセントを設置できるように備えましょう。


コンセントの増設前のチェックポイント

設置工事の前に、新規に分電盤から配線を引くか、既存のコンセントから分岐させて配線するか、または既存のコンセントの差込口を増やすかなどの希望のコンセント増設工事の内容と設置場所を決めておきましょう。

既存のコンセントから分岐させる場合、新規に分電盤から配線を引くよりも工事時間もコストも基本的には低くなりますが、分岐するコンセントからの距離によっては新規に配線を引く方が安く済む場合や、現在電力消費の高い家電に使われているコンセントから分岐させてしまうと増設したコンセントを使うとブレーカーが落ちてしまうなどのトラブルの原因になります。
増設工事をする際には、希望の場所にコンセントを増やすために最適な工事方法などを詳しく業者に確かめてもらいましょう。



コンセントリフォームの費用、相場

1902_3.jpg

コンセントの増設リフォームでかかる費用には、新規に分電盤から回線を引く方法と既存のコンセントから分岐させる方法の2種類があります。
おおよその費用の相場はこの様になります。

・新規に分電盤から配線を引く方法の場合:1〜3万円前後
・既存のコンセントから分岐させる場合:6,000円〜3万円前後

既存のコンセントから分岐させる方法の場合、分岐点となるコンセントから新たに増設するコンセントへの距離が遠い・配線を通す場所の都合で長く配線する必要がある場合などに価格が高くなります。



コンセントのタイプ、種類

1902_4.jpg

コンセントには様々な種類があり、使用する家電類によってどのタイプのコンセントが必要になるか決まります。では、家庭で使われている代表的なコンセントの種類をご紹介します。


 

アース付きコンセント

キッチンなどでよく見られるコンセントです。プラグ穴の下に漏電防止用のアース線を入れる穴が空いていて、このアース線が漏電時などに漏れた電気を地面に逃がすことにより漏電した家電に触れてしまっても感電しないようにするための機能です。

また、アース線は強い電圧を地面に流す効果もあるので、家電使用時に落雷などで強い電圧が生じた場合に家電を故障から守る効果もあります。
特に水回りで使う冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などの家電にはアース付きコンセントを使用し、命に関わる事故を予防することが大切です。


 

マルチメディアコンセント

テレビコンセント・LAN用モジュラコンセント・電話用モジュラコンセントなどがまとめて付いてるコンセントです。
インターネット・テレビ・電話のコードを一箇所にまとめる事により配線をきれいにまとめられるほか、壁の中に有線ケーブルを通し各部屋のマルチメディアコンセントと繋がることにより安定したデータ通信が可能になり家のどこでも快適にインターネットやテレビを楽しむことができます。


 

抜け止め式コンセント

コンセント穴が湾曲しているのが特徴のコンセントです。
プラグを差し込み右側に回すとロックが掛かり、簡単には抜けない様になります。
家庭で使われることはあまりないタイプですが、給湯器やイルミネーションなどの長時間プラグを差し込んだまま使用する家電や機械類などを使う場合に、プラグが自重で抜けてしまうのを防ぐ事ができます。


 

アップコンセント、床下コンセント

床に埋まっているタイプのコンセントです。主にオフィスや学校などの施設で使われています。
アップコンセントはボタンを押すとコンセントが飛び出すタイプで、ホットプレートやIH調理器などの一時的に使う家電や、扇風機などの季節家電などのリビングなどで一時的に使う家電が多い場所に設置すると便利なコンセントです。

床下コンセントは完全に床に埋まっている蓋付きコンセントで、アップコンセントよりもコンセントの口数を多く付けることが可能です。蓋の端にコードを出す為の穴が設けられているので、ゴチャゴチャしがちなプラグ周りをスッキリと見せることが可能です。


 

漏電ブレーカー付きコンセント

接続している機器が漏電した際に、漏れた電流を検知し直ちに電気を止める遮断器です。プラグ型漏電遮断器とも呼ばれます。
一般的に分電盤の中には漏電遮断器が搭載されているため、漏電による感電を防ぐアースが電流を地面へ逃すと漏電遮断器が感知しブレーカーを落として電気を遮断します。

しかし分電盤の中に漏電遮断器が無い場合や、何らかの理由で分電盤内の漏電遮断器が感知しなかった場合、アースが長時間電気を地面へ流し続けることにより電熱がアース線に蓄積し、火災が発生することもあります。また、漏電中は本来電気が流れる箇所以外に電気が流れます。その電流による異常発熱が原因の火災の発生が起きることも考えられます。

それらのリスクを回避するのがプラグ自体に漏電遮断器が付いた漏電ブレーカー付きコンセントです。


 

防水コンセント

主に屋外の外壁などに設置するコンセントです。
プラグ穴に雨水などが入らないように屋根や蓋が付いていて、バーベキューや高圧洗浄機・イルミネーションなどの屋外で家電を使う時に急な雨などでコンセントが濡れてしまうのを防ぎます。




一緒にアンペアの増設も考えよう

1902_5.jpg

アンペアは電流の大きさのことです。
電気にはアンペア(電流)・ボルト(電圧)・ワット(電力)の3つの単位があります。アンペア×ボルトの数値がコンセントの回路で使えるワット数になります。

家庭での電力の使用に関して簡単に説明すると、家のコンセントのボルトとアンペアの数値が増えるほど家電などが動く為に使うワット数が増えるのでたくさん家電が使えるようになるということです。

ボルト数は一般の家庭ではほとんどが100Vです。稀に200Vの場合もあるので、アンペアの増設の前に一度確認しておきましょう。

アンペア数は一般的に20Aになっているので、多くの家庭のワット数は100V×20A=2000Wになっているということになります。

ここで注意したいのが、この2000Wという数値は一つの回路で使える容量の平均だということです。コンセントは一つの回路から複数のコンセントとつながっています。違うコンセントを使っても実は同じ回路から電力を供給している為、ワット数が大きくない家電でも複数同時に使うことで回路の使用容量の2000Wを超えてしまい、ブレーカーが落ちてしまうという事態が発生します。

ご家庭でよくブレーカーが落ちて困っている方や、消費電力の大きい家電などを新しく使いたい方は契約しているアンペア数の見直しがおすすめです。

また、コンセントの増設をするということは使う電力も増えるという意味もあるので、コンセントを増設する時には契約アンペアも上げたほうが良いでしょう。



 

アンペア増設の費用相場

アンペア増設の費用は工事の必要性によって変わります。
電力会社にもよりますが、基本的に契約するアンペア数を上げるだけで工事が必要ない場合は無料でアンペア数を上げることができます。アンペアを上げることにより一度に使用する電力量が上がるため、基本料金がその分高くなります。

電気の供給方法には単相2線式と単相3線式という2種類の仕組みがあり、アンペア増設時に工事が必要になるのは、この単相2線式を単相3線式に変更する必要がある場合です。単相2線式は最大30Aまでしか対応していないため、現在の住まいの電気の供給設備が単相2線式で、30A以上にアンペア数を上げたい場合には変更工事が必要になります。

この工事費用は配線を壁や屋根内に隠して通すか露出させるかなどによって変動しますが、平均6万円〜10万円ほどになります。




賃貸でもコンセント増設をできることも

1902_6.jpg

賃貸物件でコンセントの増設を行いたい時は、事前に大家さんや不動産会社に増設工事をしてもいいか必ず確認を取る必要があります。

新しい場所にコンセントを増設する場合も、既存のコンセントに差込口を増やす場合でも、増設したい箇所の壁に穴を新たに開ける・たまは広げる必要があるため、断られることももちろんありますが、基本的に賃貸物件のコンセントの増設は認められることの方が多いです。



コンセントの差し込み口の増設

1902_7.jpg

コンセントの増設は、新しい場所にコンセントを増やすだけでなく、既存のコンセントの差込口を増やすことも含まれます。
差込口を増やす工事では既存の配線を利用することが多く、その場合は5,000円程度で工事を行う事ができます。
しかし、差し込み口を増やし消費電力の大きい家電を追加で使う場合には新たに分電盤から配線を増やす必要があるため、数万円の費用がかかります。



エアコン用のコンセント増設は注意



エアコンを使うために新たにコンセントを増設する場合、通常のコンセントを設置すると様々なトラブルが発生する恐れがあります。
エアコンは使用電力がとても大きい家電なので、複数のコンセントと同じ回路を使ってしまうと電力の供給不足によって頻繁にブレーカーが落ちたり、回路に流れる電流が多くなりすぎて同じ回路でつながっているコンセントで使用している他の家電が故障することがあります。

なので、エアコンで使用するコンセントはエアコン専用に単独の回路を使って電力を供給する必要があるのです。


 

その他洗濯機や電子レンジなど200Vのものも

従来の日本の家電は100V対応のものがほとんどでしたが、現在では200V対応の家電も増えてきました。
100Vと対応の家電を200V対応の家電に変えるとその家電の電気料金が2倍かかりそうなイメージですが、実際には電気料金に差はありません。というのも、消費電力はアンペア数×ボルト数で決まる為、ボルト数が高くてもその分アンペア数が低ければ消費電力に差はでないのです。

200V家電を使うメリットは低いアンペア数でも安定して家電が使えるということと、家電の稼働時間が100V家電よりも短く済むので家事や仕事の時短になるという点です。



プロ以外はDIYでのコンセント増設はできない

1902_9.jpg

コンセントは電気配線の一種です。電気工事士法により、コンセントの設置や増設は電気工事士の資格が無いと増設作業ができません。そのためコンセントの増設は基本的にプロの業者に依頼して工事を行う必要があります。

電気工事士の資格を持っている方がDIYで自宅にコンセントを増設したという内容をブログやSNSでアップされていますが、資格のない人はDIYでコンセントの増設を行うことは絶対にしてはいけません。



コンセント増設で費用を抑えるには?

1902_10.jpg

コンセント増設の費用を抑える方法は次の3つが挙げられます。

1.壁や床のリフォームと同時に行う。
コンセントを増設する際に設置する場所に穴を開ける必要があります。そのため、床や壁のリフォームと同時に行うことでコンセントの増設用の穴を開ける費用を減らすことができます。

2.設置場所のくり抜き部分を少なくする
コンセントの設置箇所や差し込み口の数を必要な個数に絞りコンセント増設用にくり抜く壁や床の面積を最小限にすることによって、工事費用を抑えることができます。

3.見積もりを複数の業者で行う
工事費用や内容は業者によって細かく異なります。なので、複数の業者に見積を依頼し比較することにより、優良業者を見極めましょう。
工事の段階で見積もりの金額にプラスして追加料金が発生する場合もあるので、見積もりを依頼した段階で追加料金の有無やその理由を確かめおきましょう。



まとめ:生活を影で支えるコンセント

スマホやタブレットなどの携帯端末の普及やIOT家電の登場などにより、家庭での電力の消費が上がってきています。仕事でもプライベートでも、生活のなかで機械を使わないという人はほとんどいない現代において、住宅のコンセントは実はとても重要な存在だということに気付かされるのではないでしょうか。
コンセントの配置で生活の充実度が変わると言っても過言ではない今、あなたもコンセントの増設リフォームを検討してみませんか?

ウッドデッキの「工事費」「施工例」「解体費」の紹介

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2019年1月31日
wood-deck_01.jpg

家のお庭で家族がリラックスできる空間として長年人気のウッドデッキ。
実際にウッドデッキを作ることを考えると、木の種類や形や屋根などの有無、様々な選択肢が出てきてわかりにくいですよね・・・。
今回は、そんなウッドデッキに関するメリット・デメリットや工事費、施工例などを詳しくご紹介します。



ウッドデッキの工事費の相場

wood-deck_02.jpg

ウッドデッキは主に使う素材によって価格が大きく変わります。
素材には天然木と人工木(樹脂木)があり、自然素材である天然木の方が高くなる傾向にあります。
ウッドデッキの平均サイズである3坪での工事費用の平均工事費用はこの様になります。

天然木(ハードウッド):30〜40万円
天然木(ソフトウッド):28〜38万円
人工木(樹脂木):25〜35万円


フェンスをつけた場合の費用

ウッドデッキでくつろいだり、子供と遊んだりする際に気になるご近所や道路からの視線。家族以外からの視線を感じるとゆったりとリラックスするのは難しいですよね。それを解決するには目隠しフェンスの設置が有効です。
ウッドデッキを設置した場所やどの程度目隠しをしたいかによってサイズや素材が変わりますが、目隠しフェンスを追加する為の費用は、一般的に幅2mで約10万円前後が相場になります。


日よけの屋根を付けた場合の費用

ウッドデッキでバーベキューやプチアウトドアをしたり、洗濯物を干したりするなら強い直射日光や急な雨から洗濯物やバーベキューグリルなどを守る屋根を付けるのがおすすめです。
また、屋根には紫外線や雨による劣化を軽減する効果があり、ウッドデッキを長持ちさせることができるほか、目隠し効果もあります。
素材や木製・プラスチック系の樹脂製・布製など、屋根の種類によって設置工事の内容が変わりますが、一般的なウッドデッキの屋根の工事費用は約5万円が相場です。

タープをうまく活用
タープはキャンプをはじめとしたアウトドアで使われる、撥水性の高い生地を支柱で支えて作る簡易屋根です。
タープの価格は1万円前後からあるので、工事で屋根を取り付けるよりも低コストで日よけ屋根として使用できます。
タープは風や強い雨に耐えられないので、天気が悪くなった時はすぐに回収できる様に設置しましょう。




リフォーム前に素材に注意

wood-deck_03.jpg

ウッドデッキの取り付けリフォームをする際に一番気をつけたいのがウッドデッキの素材です。ウッドデッキの素材には天然木・人工木・クッションウッドデッキの3種類があり、それぞれに異なる特徴があります。
代表的な素材の特徴を知って、どの素材を使うかを決めましょう。




天然木ウッドデッキのメリット・デメリット

wood-deck_04.jpg

天然木は文字通り切り出した天然の木材のことで、自然素材ならではの風合いと長年の使用で徐々に出てくる味わい深い使用感が出てくる素材です。
天然木にも、ソフトウッド・ハードウッドの2種類があり、使用する木の性質や加工によってそれぞれにメリットとデメリットがあります。


ソフトウッド

文字通り天然木の中でも柔らかい木材のことです。ホームセンターなどでよく売られているSPF材をはじめ、サイプレス・ホワイトウッド・マツ・ヒノキ・スギなどの木材がソフトウッドに分類されます。

メリット
1. 自然素材ならではの温かみがある
木の温かみある風合いが心身ともにリラックスさせてくれます。

2. 価格が安い
ソフトウッドの素材となる樹種は比較的成長が早い品種が多いため、供給が安定していることから、ホームセンターなどで安く手に入る木材です。DIYでウッドデッキを作る際によく使われ、ハードウッドよりも安く初期の設置費用を抑えられます。

3. 加工しやすい
柔らかい木の為、専門の業者でなくても加工がしやすいという特徴があります。
電動ノコギリがなくても通常のノコギリだけでも加工が可能なため、専門の道具を持っていない人にも扱いやすい素材です。


デメリット
1. 腐食しやすい
衝撃に弱く、水分を吸収しやすいため、腐食しやすいという特徴があります。耐久年数が低く、場合によっては1年程度でシロアリや腐食による割れや穴あきなどが発生します。
特にホームセンターなどで手に入れやすいSPF材はシロアリの好物で、防虫処理をこまめにしてもシロアリの被害に遭うこともあります。

2. こまめなメンテナンスが必要
腐食しやすいため、施工後から1年毎にしっかりとした防虫・防腐塗装処理が必要になります。しかし、塗装処理も基礎部分や裏面にも行う必要があるので、一度バラして行う必要があります。裏面や基礎部分に処理を行わない場合、2〜5年程度で腐食することがほとんどです。

3. 滑りやすい
雨や雪で濡れると表面が滑りやすくなります。
頻繁にウッドデッキを通る配置の場合は雨の日用に滑りにくい靴などを用意しておきましょう。



ハードウッド

天然木の中でも繊維が密で非常に硬い素材です。同じサイズのソフトウッドの数倍の重さがあります。ウリン・アマゾンジャラ・イペ・セランガンバツなどの種類がハードウッドに分類されます。

メリット
1. 耐久性が高い
ソフトウッドよりも密度が高く硬い木材です。防腐塗装などのメンテナンス無しでも傷がつきにくく水分による腐食やシロアリなどの害虫にも強いという特性があります。
また、ひび割れや反りなども起こりにくく、ウッドデッキを長く利用できます。

2. メンテナンス不要
ソフトウッドの耐久年数がこまめなメンテナンスを施して2〜5年なのに対し、ハードウッドの場合メンテナンスをほぼしなくても20〜30年は問題なく使うことができます。

3. 高級感がある
木の温もりと密な繊維で重厚感があり、高級感のあるウッドデッキに仕上がります。
実際にリゾートなどの高級ホテルに設置してあるウッドデッキの素材の多くはハードウッドでなので、上質さと耐久性を求めるならハードウッドがおすすめです。


デメリット
1. 価格が高い
価格はソフトウッドの倍以上になります。ハードウッドに分類される樹種は繊維が密になっているため、その分成長に長い年月が必要なこと、そしてウッドデッキの素材として多く使われているウリン材などは世界的な需要の高まりと、森林保護による伐採量の調整の影響で価格は高騰しています。

2. 個人での加工が難しい
硬い素材なのでノコギリなどを使ったDIYでの加工は難しく、専門業者での加工・施工工事が必要になります。

3. 色落ち
設置から約3ヶ月の間は、樹種によっては木の樹液に含まれるポリフェノールが染み出し、色落ちすることがあります。滲み出た樹液により、ウッドデッキ周辺や下地が汚れてしまうので、色落ちの汚れを確認したら水洗いかハイターなどの洗剤での掃除が必要になります。



クッションウッドデッキ

天然木の間伐材を砕いてチップ状にしたものを樹脂で固めた「ウッドチップレンガ」を使ったウッドデッキ素材です。

メリット
1. 腐食に強い
チップの隙間から水が抜けるので雨の日でも滑りにくく、チップを固く固めているため腐食にも強い素材です。

2. 雨の日でも滑りにくい
ウッドチップが水を貯めない性質なので、雨の日でも表面に水が溜まりません。天然木・人工木は雨の日は表面が滑りやすくなるのに対し、クッションウッドデッキは滑りにくいので小さなお子さんやペットがウッドデッキで遊ぶご家庭にオススメの素材です。


デメリット
1. 耐久年数はメンテナンス次第
ウッドチップを長持ちさせるには数年ごとの塗装の塗り直しが必要です。色が薄くなってきたら塗装の塗り直しが必要になります。

2. 1メートル以上の高所の設置に不向き
ウッドチップレンガの下に隙間を設けることができないため、1メートル以上の高さに設置することが難しくなります。




人工木ウッドデッキのメリット・デメリット

wood-deck_05.jpg

人工木は樹脂木・再生木とも呼ばれている、プラスチック素材と木粉を混ぜ合わせて作られた人工的な木材のことです。


人工木の種類

人工木はプラスチック(樹脂)素材と木粉の配合率や木粉の樹種、形状の違いなどによって様々な種類があります。
色味の他に表面の加工や厚みなど幅広く商品があるので、どのようなウッドデッキに仕上げたいかを決めてから使用する人工木素材を絞りこむ必要があります。

メリット
1. メンテナンスフリー
天然木と違い、水が染み込まないので腐食することはほとんどありません。表面に汚れは付くので掃除は必要ですが、防腐・防虫処理などの必要が無いので簡単な手入れで長く利用することができます。

2. 安全性が高い
木材特有のササクレやトゲが無いので、素足で歩いても怪我をする心配がありません。素足で駆け回る小さなお子さんのいるご家庭でも安心して利用できます。

3. 天然木の質感を再現
従来の人工木はプラスチック樹脂の割合が多く、プラスチックの質感のものが多かったのですが、近年の人工木はプラスチック樹脂と木粉の割合が50対50のものが増え、質感や色味が天然木に近づいています。


デメリット
1. 天然木の風合いには劣る
メリットで天然木の質感を再現し、質感や色味も近づいていると書きましたが、やはり本物の木の質感そのものとまでは言えません。また、種類によっては仕上がりが若干チープに感じられるものもあります。

2. 非常に熱くなる
人工木は蓄熱性が非常に高く、素材自体が高温になります。夏の炎天下では60度以上になることもあり、火傷を負う危険性もあります。

3. 衝撃に弱い
多くの人工木は軽量化やコストダウンの観点から、中に空間のある中空構造になっています。そのため、重い物を落とすなどの強い衝撃を加えると割れたり穴が空いたりすることがあります。特に冬は冷えて硬くなるのでより衝撃に弱くなります。




ウッドデッキDIYのメリット・デメリット

wood-deck_06.jpg

ウッドデッキをDIYで作ると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?


メリット

1. 安く作れる
やはりDIYの強みは費用の安さ。材料費のみで作れるので通常20万円前後かかる制作・工事費用も半額の10万円ほどに抑えられます。

2. 組み立てキットや工具レンタルで気軽に挑戦できる
ウッドデッキに必要な木材と留め具などがセットになった組み立てキットもあり、木を必要なサイズに切りそろえるといった手間のかかる部分を省力できます。DIY初心者に起こりがちな、いざ作り始めたら必要な材料が他にもあった!などのトラブルを回避できるので、初めてのウッドデッキ作りにおすすめです。
また、ウッドデッキは地面に基礎を作る必要があることから基礎工事用の工具が必要になります。とりあえず一回ウッドデッキづくりに挑戦しようという場合にそれらの専用工具を揃えるのは大きな出費ですが、多くのホームセンターでは工具のレンタルサービスを行っています。1工具数百円ほどで借りられるので、工具費を抑えることができます。


デメリット

1. 一から作る場合、難易度が高い
ウッドデッキを一から作る場合、まず設置場所を決め設計図を描くところから始まります。実際に人が乗って使うものなので、基礎部分は特に計算して作成する必要があります。そこから次は多くの種類の中から木材や塗料を選ぶ、という段階を経て作成開始となるので、DIY初心者で作図などの経験が無い方にはかなり難易度が高いものになります。

2. 時間がかかる
ウッドデッキ作りはある程度DIYのノウハウがある人でも材料を用意して週末の土日2日間を使うと仮定して、平均で一ヶ月ほどかかります。
特に基礎部分の作成は床を水平にするためにレベル測定をする必要があるので、DIY初心者が一人で挑戦するには難しいでしょう。




みんなのウッドデッキ施工例

ウッドデッキのあるお家はどんな感じなのか、実際にウッドデッキを作られたかたのSNSの投稿をご紹介します!


こちらのオシャレなウッドデッキはDIYで作られたそうです!
バーベキューや子供の遊び場などたくさん使いたくなりますね。




こちらもDIYのウッドデッキです!
リビングが外に広がったような開放感がありますね。




ワンちゃんが日向ぼっこできるようにと制作されたウッドデッキです。
デッキの周りに人工芝を敷いてワンちゃんが快適に過ごせるように工夫されています!




ウッドデッキの解体費用の相場

古くなってボロボロになったウッドデッキ。解体するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?業者に頼んだ場合と自分で解体する場合の費用の相場をご紹介します。


業者に頼んだ場合

ウッドデッキの解体を業者が行う場合、木材などの処分を含む解体費は2〜10万円前後が相場です。それプラス出張費が約1万円前後かかります。出張費は解体費が大きい場合にはサービスになることもあります。
ウッドデッキの大きさや選んだ業者によって価格が大きく変わります。まず複数の業者をピックアップしておき、次に立ち会いのもと見積もりを依頼し、提示された金額とかかる費用の内訳に納得ができる業者に解体工事をしてもらいましょう。
多くの業者は見積もり無料となっているので、気軽に見積もり依頼を出せます。


自分で解体する場合

ウッドデッキの解体工事には市町村への許可などは必要なく、廃材の処理を自治体の定めたルールに則って行うことと、近隣への騒音を配慮した時間帯であればいつでもできます。
廃材の処分費用と使用する工具などの費用を合わせても数千円〜2万円程度で行うことができます。
後処理も含めると大変な作業なので、作業に慣れていない方は業者の見積額が予算を大きくオーバーしていた場合に行うという形がいいでしょう。




まとめ:ウッドデッキを最大限活用しよう

ウッドデッキは家族の団らんやリラックスルームなど様々な使いみちがあります。しかし計画的に作らないといざお金をかけて作ったのに最初の数回だけ使って後は放置されていることもあります。
ウッドデッキを作りたいと思ったらまずメインで使う目的を決め、それを快適に行うにはどこにどのくらいのサイズで設置するか、と順に決めていくと長く使いたくなるウッドデッキを作ることができます。
せっかく作ったウッドデッキを無駄にしないためにも自分にあった快適な空間をしっかり考えて、計画的に設置しましょう。

オール電化リフォーム「メリット・デメリット・費用」

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2018年11月29日
275981-P5OH2D-500.jpg

電力自由化で電気料金を様々な企業とプランから選べるようになり、月々の電気代が下がった!というご家庭も多いのではないでしょうか?
そこで検討したいのが「オール電化リフォーム」

オール電化はコンロ・給湯器・暖房など、ガスや灯油などを使用する家電類を電力で可動する設備に変更し、調理・冷暖房・給湯などの生活に必要なものの熱源を全て電気で賄う様にすることを言います。
特にガス料金は近年値上がりが続いており、使用量が変わらないのに料金はどんどん高くなる傾向にあります。更にここ数年の夏の長期の猛暑や冬の極寒でエアコン・ガス暖房・石油ストーブなどの冷暖房の代も年々増加しています。

年間の光熱費の節約になるオール電化リフォーム。工事費用やメリット・デメリットについてご説明いたします!


オール電化リフォームの工事費用


money-2696219_1280.jpg

オール電化リフォームは主に「キッチンのガスコンロのIHクッキングヒーター化」「給湯器をエコキュートや電気温水器に変更」「石油ヒーターなどの灯油やガスを使用する暖房機器を床暖房へ変更」の3つの工事が挙げられます。

最も多い工事内容はガスコンロのIHヒーター化とエコキュートの設置工事の2つで、平均60〜100万円が相場と言われています。

設置する設備の種類や、上記に加え床暖房の導入や太陽光発電システムの導入などを行う場合は工事・設備費用は更に増えます。現在の住宅にどの程度住む予定か、工事費用分の元を取るにはどのくらいかかるのかなど、自分のライフスタイルと将来の暮らしの予定を立て、導入する設備の種類などを検討しましょう。


オール電化リフォームの前に
まずオール電化リフォームを行う前に電気料金を「オール電化向けの料金プランに変更」しましょう。電気料金は時間帯によって金額が異なり、多くは日中が安く、夜間は高くなるというプランになっていることが多いです。

オール電化向け料金プランは「夜間の電気料金が安く」設定されていて、この夜間の電力をつかってエコキュートを始めとした電気給湯器を可動させ、日中に使うお湯を溜めておくことで給湯にかかる費用を大きく抑えることができるのです。


エコキュート導入費用は?


給湯器のオール電化化で最も利用されているのが「エコキュート」
テレビCMなどで名前をご存知の方も多いのではないでしょうか?ではエコキュートの仕組みと導入費用についてご紹介します。

エコキュートの仕組みと特徴
エコキュートは本体のタンク中に溜めた水を電気の力で沸かし、そのまま保温して溜めておく電気給湯器の一種です。電気料金の安い時間帯にまとめてお湯を沸かしておくことで給湯にかかる費用を抑えることができます。
また、エコキュートに溜めた水は飲用にはできませんが、災害などの非常時に水道が止まっていてもタンク内の水を使うことができるので近年では防災時の備えとしても注目されています。

エコキュート以外の電気給湯器もあります。こちらは主な機能は同じですが、本体価格がエコキュートよりも低くサイズも小型なものが多いです。しかし使う電力がエコキュートよりも高く、電気代の差はエコキュートの約3倍かかります。

給湯にかかる月々の費用は
cガス・石油給湯器 > その他電気給湯器 > エコキュート
の順になります。なので、オール電化リフォームで給湯器を変更する場合にはエコキュートが最もおすすめです。


エコキュートの導入価格
本体価格:約30〜80万円
設置工事費用:約15万円
その他(旧給湯器の搬出・処分費、電線処理など):約12万円
平均総額:約60〜110万円

エコキュートは本体の中のタンクに水を溜めておくので、使うお湯の量が多いほど中のタンクが大きい本体が必要になります。
また、設置工事の他に設置する場所やお風呂の設備などによって価格が変動するので、見積もりは必ず取りましょう。


その他オール電化にかかる出費


オール電化リフォームは給湯器の変更の他にも太陽光発電システムや床暖房の導入などもあります。
代表的な3つの設備の導入にかかる費用を見ていきましょう。


IHクッキングヒーター
本体価格:約4万円〜40万円
配線工事・ブレーカー処理費用:約4万円
設置工事:約2万円
平均総額:約10〜50万円

コンロの口数や種類などによって価格は大きく変わります。一般的にガスコンロよりも火力が強く、お湯を沸かす時間を始めとした加熱時間が短くなり、更に五徳が無いので油ハネなどもさっと拭き掃除ができるお手軽さが人気です。


電気床暖房
本体価格:約14万円〜16万円
フローリング代:約6〜8万円
設置工事:約8〜11万円
平均総額:約30〜40万円

設置する面積や、床断熱材がすでに設置されているかなどによって金額が変わります。床暖房はエアコンなどの他の暖房器具と併用することになるので複数の部屋への設置や大部屋の全面設置などを行う場合はブレーカーが落ちる可能性が高いので、電気容量をアップさせる必要があります。

(エコキュートの導入と床暖房の導入両方を検討されている場合)
床暖房には電気式の他に温水式床暖房もあり、温水式はガスや電気を燃料とした熱源機で温めたお湯を床板のパネルに循環させて温めるという方法で部屋を暖かくします。

この温水式の熱源機として使える「多機能型エコキュート」があります。通常の給湯用エコキュートの場合は温水式床暖房の熱源として使えませんが、多機能型エコキュートは給湯と床暖房の両方に使え、床暖房用のお湯も電気料金の低い時間帯に沸かして溜めておくので電気床暖房よりも更に電気代を抑えることができます。


太陽光発電システム
本体価格:約130万円〜250万円
パワーコンディショナーなどの周辺機器:約30万円
設置工事:約50万円
平均総額:約210〜320万円
※助成金などの制度の利用や値引き無しの場合

住宅の屋根にソーラー発電パネルを設置して生産された電力を家庭で使用したり電力会社に売ったりする設備です。初期費用が高額になるため、売電や自家消費でのコスト回収には平均7〜10年ほどかかるとされています。
オール電化リフォームで月の光熱費の割合の大半を電気代に集約させるなら、太陽光発電を取り入れたほうがより効率よく出費を抑えることができます。



オール電化リフォームのメリット


300456-P7HBYB-532.jpg

オール電化にすることによってもたらされるメリットについてご紹介します。


月々の光熱費の節約
オール電化リフォームをすることで最も大きいメリットが光熱費の節約効果です。
光熱費の中でも給湯や調理などで発生するガスは大きく分けて都市ガスとLP(プロパン)ガスの2種類があり、特に現在LPガスを利用しているご家庭がオール電化リフォームした場合は10,000円を超える節約効果が出ることもあります。
また、都市ガスのご家庭でも平均の月々の光熱費と比較して数千円の節約効果が見込めるとされています。


火災のリスクの低下
IHクッキングヒーターやエコキュートは火を使わずに発熱するので火災のリスクを低下させることができます。家庭での火災の原因で最も多いのはコンロの火によるものなので、IHクッキングヒーターに変えるだけでも火災のリスクをグッと抑えることができます。


災害時の復旧スピードが早い
オール電化で気になるのが災害時に停電した場合に家中のものが使えなくなるというリスク。
しかし災害時に電気・ガス・水道の全てのライフラインが停止した場合、最も復旧スピードが早いのは電気です。また、ガス給湯器やコンロも最近のものは起動に電気が必要なものが多いので、必ずしも電気が止まっても使えるとは限りません。

更にエコキュートの場合、災害時に電力が止まってもタンク内の水を使うことができます。
災害時にガスが使えなくなることが不安な場合は、カセットコンロなどを常備しておく方が安心です。



オール電化リフォームのデメリット




オール電化はメリットだらけ!というわけでもありません。デメリットもしっかりと把握してオール電化リフォームを行うべきか考えましょう!


初期費用が高額
オール電化の設備に変更する場合、本体代+配線などの設置工事費用がかかります。導入する設備を増やすほど光熱費の節約効果は高まりますが、もちろん初期費用も膨らみます。

今の住宅をオール電化リフォーム場合にどの部分の光熱費を減らすべきか、月々の節約金額と初期費用を考えて元は取れるのか?などしっかりと検討することが大切です。


昼間に電力を多く消費する家庭では節約効果が低い
オール電化は如何に電気料金の安い時間帯に電気を使うかで節約効果が大きく変わります。

ご家庭の光熱費で最も高くかかっているのが給湯と言われています。なので、夜間にお湯を沸かすエコキュートの稼働時間帯の電力を安く設定することが最も効率的な節約になるのです。

しかし夜間の電気料金を低く設定するオール電化向け電気料金プランは、逆に昼間の電気料金が割高になり、昼間に多く電力を使う生活スタイルのご家庭では節約効果が低くなります。


業者のリスク
オール電化リフォーム以外にも言えることですが、必要以上の工事や設備を導入したり、説明内容よりも荒い工事をおこなったり、価格を割高に要求するいわゆるぼったくりを行う業者も少なからずいます。

特に初期費用が高額な太陽光発電システムの工事は、ソーラーパネルの設置工事で屋根に穴を開けてパネルを固定するため、工事の不備や杜撰(ずさん)な作業によって雨漏りの発生や発電力の低下などのトラブルが発生するリスクもあるため、工事費用の安さだけで安易に設置業者を決めてしまうと工事費以上の出費が発生する場合もあります。

そういった業者に引っかからないためにも、候補に挙げる業者の実績や評判を調べたり、ある程度の専門的な知識を身に着けておいたり、複数の業者から見積もりを取る相見積もりを取るなどの事前対策を行いましょう。



オール電化で太陽光発電を導入するべき理由


OCIFDH0.jpg

オール電化リフォーム後は家庭で使用するエネルギー源のほぼ全てを電気に集約させます。つまり電気料金が安くなればなるほど節約効果が高くなるということです。

そこで多くの住宅に取り付けることができ、発電した電力を売ることができる太陽光発電はオール電化リフォームの強い味方となります。
発電した電力を使えば、実質月の電気使用料金が0円になることもありますし、余った電力を売ることで収入にもなります。



エコキュート、太陽光発電の寿命に注意


lightbulb-2379935_1280.jpg

オール電化の強い味方である「エコキュート」「太陽光発電」はもちろん機材としての寿命があります。平均の買い替えや修理時期に備えた貯蓄を検討しましょう!


エコキュートの場合
エコキュートはヒートポンプユニットと給油タンクの2つの機器から成り立っており、両方とも寿命は約10年とされています。

故障した場合は修理か交換になりますが、故障したエコキュートが生産終了していた場合は交換部品が無い場合も多く、故障部の部品がない場合は新型のものに交換になります。
寿命を延ばすには水抜きなどのメンテナンスをしっかり行うことと、取扱説明書に従ったケアや使い方をすること、そしてエコキュートに適した入浴剤以外は使わないことが大切です。

入浴剤はメーカーによって推奨される種類や使用しては行けないタイプの説明があります。何故入浴剤に制限があるかというと、エコキュートは浴槽とタンク間でお湯を循環させるため、成分によっては循環パイプやフィルターの故障の原因となるからです。
エコキュートを導入して入浴剤も使いたい時は事前に使えるものと使っては行けないものを把握しておきましょう。


太陽光発電の場合
太陽光発電パネルの寿命は20年〜30年とされています。しかし、住宅に設置され始めてから30年も経っていないものがほとんどなため、メーカーが算出した期待寿命になります。
現在最も古い住宅用太陽光発電で稼働中のものは24年目なので、実際に大幅にずれているということも無いようです。

業務用の太陽光パネルは30年以上可動している実例があるので、適切な管理とメンテナンスを行えば30年以上の可動も期待できるでしょう。

太陽光パネルの主な劣化の原因は太陽電池の汚れと配線の損傷です。
配線は覆っている皮膜が劣化しヒビや剥がれが出ると中の導線が錆びて急激に劣化します。また、太陽電池についた汚れを長期放置すると紫外線による劣化を促進させ発電効率が落ちるほか、寿命を縮めることに繋がります。



リフォーム前に補助金を確認しよう


money-2724248_1280.jpg

エコキュートや太陽光発電の導入には、自治体によって補助金がでる場合があります。
エコキュートに関しては国の補助制度は終了していますが、一部自治体では助成金が出ていて、最大費用の3分の1以内で、50万円から300万円まで補助金が出る自治体もあります。

お住まいの自治体でエコキュートの補助金が出ているかどうかはこちらの環境ビジネスオンラインからご確認できます!
https://www.kankyo-business.jp/subsidy/ecocute/


太陽光発電の補助金も自治体から出ている場合があります。
設備費用の内10万円まで補助金が出る自治体もあります。

また、国の補助金制度は終了していますが、受けられる支援制度の1つに「既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除」というものがあります。
これは一定の省エネ改修工事(太陽光発電設備の設置を含む)を行った場合に、工事費の10%をその年分の所得税額から控除します。
但し、補助金等の交付がある場合は、工事費から補助金等の額を控除した後の金額の10%をその年分の所得税額から控除するというものです。

太陽光発電の自治体の補助金制度についてはこちらの環境ビジネスオンラインから
https://www.kankyo-business.jp/subsidy/solar/

国の補助制度についてはこちらの経済産業省 資源エネルギー庁公式サイトからご確認ください!
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/support/personal2.html



オール電化リフォーム工事の様子


オール電化リフォームの工事は実際どんな感じなのでしょうか?工事の様子をご紹介します!



こちらは床暖房の電気系統の工事の様子です。床板に暖房装置を設置後の配電盤の設定中ですね!床暖房は夏の使わない期間は床暖房のブレーカーを落としておいたほうがいいそうです!




こちらはエコキュートとIHクッキングヒーターの導入工事の様子です。配線を通すのも難しそうですね。




こちらは太陽光発電システムのソーラーパネル取り付けの様子です。日当たりの良い屋根に敷き詰められたパネルがキレイですね!発電量も多そうです!



オール電化リフォームは優雅デザインにご相談ください!


thumb-640x272.png

ご自宅のオール電化リフォームをご検討の際は、優雅デザイン工房におまかせ!
賃貸物件だけどどんなリフォームならできるの?太陽光発電やエコキュートも導入したらどのくらいの金額になるの?そんな疑問に親切丁寧にお答えします!

ご興味のある方はお気軽にご相談ください!
(092-409-0601)

優雅デザイン工房のリフォーム事例

キッチンリフォーム例
http://www.yu-ga.co.jp/kitchen/

ダイニングリフォーム例
http://www.yu-ga.co.jp/living/

玄関リフォーム例
http://www.yu-ga.co.jp/entrance/



まとめ:オール電化で賢く節約しよう


オール電化で月々の光熱費をグッと抑えて、子どもの学費や老後の資金に充てたいですね!
オール電化リフォームは初期費用とお風呂やキッチンの工事で使えない時間が発生します。なので、お風呂やキッチンのリフォーム時期に一緒にオール電化にすることで工事期間や費用を節約することができます。

リフォーム工事もなるべくお得に済ませたいものですが、安いだけで選ぶのは危険。リフォームの内容と住宅環境・ライフスタイルを見直し、必要な工事や導入する機器の選択も重要になります。だからこそ相談に真摯に向き合ってくれる信頼と実績のある業者選びが一番大切です!
長期間不具合やトラブルなくオール電化住宅にリフォームして、快適に光熱費の節約を行いましょう!
2 3 次の5件