福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページブログ(戸建てリフォーム) > 失敗しないウォークインクローゼット!事例紹介も
ブログ
カテゴリ

戸建てリフォーム

失敗しないウォークインクローゼット!事例紹介も

カテゴリ:戸建てリフォーム更新日:2019年4月25日
1904_1.jpg

一軒家や賃貸物件でも増えてきたウォークインクローゼット。通常のクローゼットよりもたくさんの荷物や洋服などを収納できる便利なスペースなので、新築やリノベーションでも検討される方が増えています。

しかし作るとなると、どこに作った方が使い勝手が良いか、湿気や換気はどうなっているのかなどの疑問が出てきます。
クローゼットとウォークインクローゼットの違いやメリット・デメリット、ウォークインクローゼット備え付けるときのポイントを押さえておきましょう。




クローゼットとウォークインクローゼットの違い

1904_2.jpg

クローゼットとウォークインクローゼットはどちらも主に衣類の収納に使われますが、それぞれの違いをご存知ですか?
クローゼットとウォークインクローゼットについてご紹介します。


クローゼット

クローゼットは衣類をしまうために洋室に設置されている収納で、中にはハンガーパイプが取り付けられています。間取り図では、「CL」と表記され、奥行は50cm~60cm程度で人が中に入って着替えられるほどのスペースはありません。


ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、人が入れるサイズのクローゼットのことです。間取り図では、「WIC」と表記されています。
ウォークインクローゼットは独立した小部屋なので、収納だけでなく中で着替えることもできるのが特徴です。また、通常のクローゼットよりも広く収納力も高いため、衣類のほかにもスーツケースやゴルフバッグなどの大型のバッグ類や雑貨なども収納できます。




ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

1904_3.jpg

ウォークインクローゼットのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

<ウォークインクローゼットのメリット>
ウォークインクローゼットのメリットは、アウターから下着まであらゆる衣類をまとめてしまえるため管理がしやすいことです。衣類だけでなく、バッグや帽子、アクセサリーなどのファッションアイテムをすべて一ヶ所に収納できるため、出かける際の準備がしやすくとても便利です。クローゼット内に十分な広さがあれば、衣替えの手間もありません。
また、広さによっては衣類だけではなく、スーツケースやゴルフバッグ、プール用品やスキー用品といった大型用品や季節品まで収納できることできます。


<ウォークインクローゼットのデメリット>
ウォークインクローゼットは人の立つスペースが必要な分、クローゼットの広さに対して収納スペースが減ることがデメリットです。また、収納できるアイテムが多いため、適当に詰め込んでいくと、物があふれて使いにくくなってしまいます。定位置を決めておき、収納がいっぱいになってきたら、不要な物は処分して常に奥まで人が入れるように整理するようにしましょう。




ウォークインクローゼットの広さ・間取り

1904_4.jpg

ウォークインクローゼットの広さは平均3畳前後で、部屋とクローゼットの出入り口が一つの個室タイプが一般的です。

クローゼット内の間取りや広さは使う家族の人数と収納する物の量や種類で決めるのがおすすめです。夫婦2人で使うなら2畳〜3畳、子どもと共用で使うなら3畳以上の広さ、アウトドア用品などの大型のイベント・季節用品なども収納する場合には3畳〜4畳以上の広さが理想的です。

衣類をメインに収納する場合は片面をハンガーラックに、反対の壁を収納棚にするⅡの字型収納がおすすめです。衣類でもコートやシャツなどハンガーに掛けて収納するものが多い場合は3面をハンガーラックにするコの字型収納が良いでしょう。




人気の設置箇所

1904_5.jpg

新築やリフォームなどで新たにウォークインクローゼットと設ける場合に人気の設置場所をご紹介します。



起きてすぐ着替えられる寝室

設置場所で最もよくあるのは、寝室に出入り口のあるウォークインクローゼットです。 朝起きてすぐに着替えられ、部屋にタンスなどの衣類の大型収納家具を置く必要がなくなるため、部屋をスッキリと落ち着いた印象にすることができます。



上着の花粉を持ち込まない玄関先

花粉や黄砂など外出時に衣類に付いたアレルゲンや汚れを室内に持ち込みたくない方に人気の設置場所が玄関先です。玄関からすぐ着替えることができるほか、シューズクロークも兼ねる事ができるので出かける直前のトータルコーディネートのチェックもしやすいため、ファッションこだわりのある方にも人気の設置場所です。



シンプルな動きができる洗面所奥

タオルやシャンプーなどの消耗品のストックやパジャマ・ルームウェアの着替えに便利なのが洗面所奥のウォークインクローゼットです。
この場所に設置する場合は、脱衣所とリビングまたはキッチンなど隣接させ、ウォークインクローゼットを通って部屋を行き来できるよう、室内の動線の一部にするのがポイントです。



洗濯物を簡単収納できるテラス横

テラスに干した洗濯物をすぐに収納でき、ウォークインクローゼット内でアイロンがけを行えるとても便利性の高い設置場所です。テラス側に換気窓を取り付ければ高い通気性を確保することもできます。




2ドアもおすすめ

1904_6.jpg

廊下やリビングにウォークインクローゼットを設置するときは2ドアがおすすめです。通常ウォークインクローゼットには扉が付いていませんが、2ドアにして引き戸の扉をつけることで日常使いのときは出入りしやすく、お客様を招いた時には扉を締めて目隠ししてプライバシーを守りつつスッキリとした印象を与えることができます。




場所によっては窓の設置が必須

1904_7.jpg

ウォークインクローゼットの内部は空気がこもりがちになるので、臭いや湿気が溜まりやすくなり、カビやニオイ移りが発生することがあります。そこで窓を取り付けることによって空気の入れ替えを行い湿気や臭いを逃がすことで中の衣類をカビやニオイ移りから守ることができます。

また、ウォークインクローゼットは部屋の奥に設置することが多く日当たりが悪い場所になることが多いので、窓からの日光で日中は電気をつけなくてもクローゼット内を使うことができます。




リフォーム時と新築時の違い

1904_8.jpg

ウォークインクローゼットを作る時、新築の場合は設置場所や内部のレイアウト、間取りなどを自由に決めることができます。夫婦2人分の収納に使う場合には2〜3畳、夫婦2人と子ども2人の4人分の収納に使う場合は3〜3.5畳程度の広さがおすすめです。

また、出入り口を2つ付ける「ウォークスルークローゼット」というタイプなら、寝室と廊下の間に取り付ければ、家族がおやすみ中のお部屋に入らずに着替えや洗濯物が収納できます。

リフォームで後付けするときは、主に押入れや元から付いているクローゼットを拡張するか、空きスペースを利用する場合の2パターンでの設置になり、費用は平均18〜80万円前後になります。

使わなくなった和室をウォークインクローゼットにリフォームする場合、壁紙や床材の変更や、照明や電源の追加などが必要になる場合があり、その分さらに工事費用がかかります。
リフォームする場合には予算と希望のリフォーム内容を施工業者に伝え、よく相談することが大切です。




増築が難しい場合はDIYでウォークインクローゼット風に

1904_9.jpg

賃貸で原状復帰が必須などの理由で、リフォームや増築が難しい場合にはDIYでウォークインクローゼット風の収納を作ることもできます。

ハンガーラックと木材で釘を使わずにできるクローゼット風収納や、収納棚に突っ張り棒を組み合わせてクローゼット風に改造する方法もあります。


実際にDIYでウォークインクローゼット風収納を作っている方の事例はこちら


・角材を突っ張り棒のように使えるようにする「ラブリコ」を使ったおしゃれな壁面収納!
https://roomclip.jp/photo/dwSB

・収納棚を改造して子ども用の簡易クローゼットに
https://ameblo.jp/eucalyptus-a/entry-11985561157.html

・釘やネジを使わずに木材を組み立てられるPLAYWOOD(プレイウッド)使ったDIYです
https://diyers.co.jp/articles/ciNU3




ウォークインクローゼットの事例紹介


大容量なのにスッキリとした印象のウォークインクローゼットです!
クローゼットの中でどのように収納を分けているのかわかりやすく説明されています。




こちらは和室をDIYでウォークインクローゼット風に改造している最中の様子です。
両側をハンガーラックにしていて大容量の収納ができそうです!




まるでセレクトショップのようなおしゃれなウォークインクローゼットです。
ハンガーラックに真鍮のレトロなポールを使い、仕切壁を無くすことによってよりスッキリして真鍮ポールが引き立っています!



まとめ:失敗しないために動線を考えよう

ウォークインクローゼットは、収納力が高く近年では多くの新築やリフォームで取り付ける人が増えています。しかし一方で、「便利そうだから作ったものの、うまく活用できない」という声も多く、結局物置状態になっているという人も。

ウォークインクローゼットを使いやすくするポイントは部屋と収納の行き来のしやすさを考えて設置することが大切です。
着替えや衣類の収納に使うということは毎日洗濯物を畳んで仕舞うという作業が必要になるので、クローゼットの中に持ち込んで畳める空間にすることや、畳んだ洗濯物をスムーズに運ぶことができる位置に作ることで利便性がグッと上がります。

また、玄関先に設置するなら間口を広めにとって、折りたたみ自転車は庭の整備用品の収納に使えるように床材を泥汚れに強いものにするなど用途によって設備を整えておくことも利便性を上げるポイントです。

なんのためにどのように使いたいのかを最初にイメージして、使い勝手の良い最高のウォークインクローゼット作りを実現しましょう。