福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページブログ(キッチン) > 失敗しないキッチンパントリー!事例紹介
ブログ
カテゴリ

キッチン

失敗しないキッチンパントリー!事例紹介

カテゴリ:キッチン更新日:2019年5月22日
1905_1.jpg

皆さんはキッチンパントリーをご存知ですか?
キッチンパントリーは近年、新築・リフォームで設置する方が増えている人気の収納設備です。ではキッチンパントリーとは何か?どのようなメリットや機能があるのかを実際にキッチンパントリーを設置している事例と併せてご紹介します。




キッチンパントリーとは

1905_2.jpg

キッチンパントリーはキッチンのそばに設ける食品を貯蔵する為の別室やスペースのことです。
基本的には常温でも保存が可能で、消費期限の長い食品や調味料の保管をするために使われる場所ですが、近年では使用頻度があまり高くない調理道具や調理雑貨の収納場所としても使われています。




キッチンパントリーのメリット・デメリット

1905_3.jpg

メリット

1.キッチンに置くものを減らせる
パントリーにすぐに使わない食品ストックや調理器具を収納することによって、キッチン周りに置くものが減るので掃除や片づけがしやすく、調理スペースが広く使えることによって、より機能的なキッチンになります。

2.まとめ買いした食品の管理がしやすい
多くの食品類はまとめ買いをした方が単品で買うよりもお得ですが、一方でまとめ買いをしたものの、使いきれずに消費期限が切れてしまい廃棄してしまったことはありませんか?
そこでパントリーに食品のストックを一箇所に収納することによって、まとめ買いした食品がどのくらい残っているか、消費期限はいつまでかをすぐに確認できるため、廃棄ロスを減らすことができます。また、同じ食品の買いすぎを防ぐこともできるので、効率よく食品の補充・消費ができます。

3.災害時用の食料の備蓄にも使える
地震などの自然災害時に備えた、食料や水の備蓄の保管場所としてもパントリーは活躍します。大型の災害だけでなく、台風や大雪などで外出が困難になる場合やガスや水道が使えなくなる場合に備えて、飲水や加熱しなくても食べられるレトルト食品、数年保存できる缶詰類などの保存と管理もしやすくなります。



デメリット

1.一定のスペースが必要
収納場所を確保するために、キッチン付近にパントリー用の一定のスペースが必要になります。キッチンからパントリーが離れすぎると結局食品などの保存場所として使わなくなってしまったり、スペースが無いのに無理やり作ってしまうとキッチンの動線を妨げてしまうなど、かえってキッチンの使い勝手が悪くなってしまうこともあります。

2.害虫やカビの発生
食品を保存する場所なので、虫やカビが発生しやすくなることもあります。
掃除しにくい隙間、開封済みの食品や食べカス汚れなどがあると、害虫発生の原因になるので、パントリー内には未開封の食品や密封容器に入れた食品以外の食料品は置かないようにしましょう。また、配置場所の問題などで食べカス汚れが付きやすい、湿気が溜まりやすい場合は定期的に掃除を行い清潔な環境を保ち、湿気取りを置くなどの対策を行い害虫やカビの発生を防ぎましょう。

3.家の構造によっては設置が難しいことも
家の構造によっては、パントリーの設置が難しい場合もあります。
無理にパントリーを作るよりも収納棚を置いたほうが便利な場合もあるので、パントリーの設置リフォームを行う際には、まずリフォーム業者と相談してみましょう。




パントリーの間取り

1905_4.jpg

パントリーは設置場所や内部の棚の位置などで使い勝手が変わります。
棚の位置が高すぎたり、場所が奥まり過ぎて出し入れしにくかったりすると、パントリーの役割が軽減してしまいます。
パントリーを設置するためのポイントを抑えて、使い勝手の良いパントリー設計を考えましょう。


1.玄関とキッチンの両方への動線
パントリー食品の貯蔵庫として使うため、購入した食品を入れやすく、キッチンから取りやすいという場所が理想的です。
特にまとめ買いした食品や液体調味料などの重い物をキッチンの奥に設置したパントリーに運ぶのは大変です。なので、パントリーにキッチン側、玄関側のそれぞれに出入り口を設け両方から入れるように設計すると、購入したものはすぐに収納でき、調理に使う時はすぐに取り出せるというまさに理想的なパントリーになります。

2.奥行きは30cm以上50cm未満が丁度いい
パントリーの奥行きは30cm〜50cm以内がもっとも使いやすいサイズと言われています。
ワインや2リットルのボトルを寝かせて保存する場合にも丁度よく、パスタやその他の長いパッケージの食料品も最低30cm程の奥行きでほとんどのものが収納可能です。
逆に奥行きが長すぎると奥の物が取り出しづらくなるほか、掃除もし辛くなります。

3.間口は90cm前後が一般的
人が出入りする為のパントリーの出入り口の幅(間口)の多くは90cm前後で設計されています。この幅の広さはパントリーに食材や調理器具を持って出入りする際に丁度いいサイズです。
パントリーを広く大きく設置できる場合は、さらに広くてもいいでしょう。

4.ウォークインタイプの場合は行き来するスペースを
パントリーを独立した小部屋として設計するウォークインタイプの場合は、棚の奥行き+60cm程の人が通る為のスペースを確保しましょう。
収納するものに大型の調理器具なども含まれる場合は、さらに広いスペースを取るようにしましょう。




パントリーリフォームの相場

1905_5.jpg

パントリーのリフォームの相場は、扉がない空きスペースに可動棚を設置する場合は5万円前後です。
一般的なクローゼットのような扉付きの場合は広さによって増減しますが、10〜30万円、間仕切りや壁やドアも付ける個室タイプの場合は1畳あたり12〜20万円が相場になります。
リフォーム業者によって価格や工事内容などが変わることがあるので、複数の業者でそれぞれ相談と見積もりを出してもらいましょう。




リフォームが難しい場合は棚を購入しよう

1905_6.jpg

パントリーが欲しいけどスペースが無い、設置ができない場合にはパントリーと同じように使える棚を購入するのがおすすめです。
昨今様々なサイズやデザインの収納棚が販売されています。その中でもパントリーとして使う場合におすすめなのは棚の高さを自由に変えられる可変棚です。収納するもののサイズによって高さを変えられるため、サイズごとに収納するものを分けられるので整理・管理がしやすく、長く使っているうちに収納するもののサイズに変化があっても簡単に調整する事ができます。


パントリーの棚の相場

パントリー棚の相場は1万6千円〜4万円程です。大きさや材質・扉の有無などのデザインによって変動します。広さがあまり無いキッチンの側に置くことを考えた場合、幅60cm程のサイズで目隠しになる扉付きのタイプがおすすめです。パントリーとしては小型になりますが、高さが平均180cm前後のものが多いので、上に積み上げるように収納することで省スペースでもたくさんの収納ができます。




パントリーの収納のコツ

1905_7.jpg

パントリーにただ入るからとどんどん詰めていくとどの食品がどのくらいあるか、消費期限はどのくらいかなどの管理が難しくなります。
ではパントリーの性能を活かす収納のポイントをご紹介します。


1.消費期限の近い順に並べる
パントリーの目的の1つである食品ロスを減らすためには消費期限が近いものをすぐに取り出せるようにすることが大切です。消費期限近いものを一番手前に、それから期限順に奥に並べていくようにしましょう。 分かりやすくポストイットなどで一番手前のものに消費期限を書いて貼っておくのもおすすめです。

2.引き出しを使って奥の物も見やすく、取りやすく
パントリーの奥はデッドスペースになりやすく、新しく買ったものを手前から収納していって古いものがどんどん奥に閉じ込められるということも多くあります。
奥行きが40cm以上のパントリーには特に奥に物が閉じ込められやすいので、取っ手付きのカゴやパントリー用の引き出しなどを使って、一番奥も見やすく、取り出しやすくしましょう。

3.細かいものは収納ボックスにまとめる
調味料や小分けの食品などの細かいものは、中の見える収納ボックスやカゴに入れて種類ごとに分けて管理しましょう。
100円均一などにある透明の食品ケースなどを使うと、種類ごとに数を揃えやすく、同じデザインを並べることで見た目がスッキリするほか、ボックスの中が見えるのでどの程度消費しているかがひと目で分かるのでおすすめです。

4.ラベルを貼って家族みんなが使いやすく
パントリーをメインで使うのは主に炊事を行う人になると思いますが、買い物や調理を他の家族が行っても使いやすいように、収納ボックスや棚に何が入っているのかわかるようにラベルを貼るととても便利です。
ラベルが貼ってあれば使いたい食品を探す時にあちこち触ることもなく、買ってきたものを収納する時もどこに入れれば良いのか分かるので、普段使う人・時々使う人みんながストレスなくパントリーを利用することができます。




DIYで自分好みにも!

1905_8.jpg

パントリーはDIYで自作することも可能です。
パントリーに必要なのは食品をたくさん収納できる棚です。置くものの重量にもよりますが、基本的に缶詰類やパスタなどの乾物であれば厚さ1センチ程度の合板でも十分に支えることができます。
では実際にDIYで作成された、パントリーの作成事例をご紹介します。


パリのカフェ風パントリー
https://limia.jp/idea/105898/
こちらは本格的でおしゃれなパントリーをDIYで作る過程と完成後までを写真付きで紹介されています。デザインもおしゃれでまるでお店のようです!各工程で使った材料やどこで購入したかなどを説明されているので、部分的にも参考になります。



こちらはパントリーの棚を作成中の様子を紹介されています。
この棚を支えている銀色の支柱は可変棚を自作する際の必須アイテムです。穴に棚の板を支えるパーツを好きな高さに取り付けることで棚の高さを自由に変えられます。材料は主なホームセンターで揃うので、DIYでパントリーの作成を考えている方は一度材料を見に行ってみましょう。




余裕があればウォークスルーパントリーもおすすめ

1905_9.jpg

ウォークスルーパントリーとは出入り口が2箇所にある、生活動線としても使えるパントリーです。キッチン側と玄関側に出入り口を設けることが多く、買い物したものをパントリーに収納、パントリーを通り抜けて冷蔵・冷凍品などをキッチンの冷蔵庫に収納と流れるように収納することができ、また来客時にお客様にはち合わせないようにキッチンへ行くための通路としても使えるのでとても利便性が高いタイプのパントリーです。



キッチンパントリーの事例紹介

実際にパントリーを設置しているお家をご紹介します。

レトロな印象のおしゃれなパントリーです。
食品の他に食器類も収納してあり、壁のグレーと棚の木のぬくもりがマッチしています。


白を基調にした、収納ボックスも統一されたまとまりのあるデザインのパントリーです。
同じ種類の収納ボックスを使うことで、見た目もスッキリ♪


複数の収納ボックスを使ってたくさんのものを収納しているパントリーです。
棚ごとに収納物を変えて、それに合わせて高さも変えてあるので無駄なスペースがありません!




まとめ:パントリーで毎日の食卓を彩る

パントリーに様々な食品を収納することで、使うものだけを置いたスッキリとしたキッチンになります。広々としたキッチンは様々な食材を使った料理も作りやすく、日々の食卓が華やかになることでしょう。
パントリーは食品の消費期限切れによるロスを防ぐことにも役立つので、無駄なく食べ物を使い切れる優秀な収納機能です。キッチン周りに使っていない活用していないスペースがある、キッチンのリフォームの予定がある方は是非パントリーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。