福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページブログ(リビング・ダイニング) > 冬のインテリアこそ、花を飾って家の中を華やかに!
ブログ
カテゴリ

リビング・ダイニング

冬のインテリアこそ、花を飾って家の中を華やかに!

カテゴリ:リビング・ダイニング更新日:2017年1月27日

冬の部屋

冬の寒さが本格的に厳しくなる1月と2月。
天気のすぐれない日も多く、太陽の光も夏と比べるとずいぶんと控えめで、なんとなく家の中もどんよりと薄暗くなりがちですよね。

そんな冬のお部屋を少しでも華やかにするために、お部屋に花を飾ってみませんか?
「冬に咲く花なんて少ないし......」と思っているあなた。
たしかに春に比べると種類は少ないかもしれませんが、寒い季節に咲く花や北国に咲く花だって確かに存在しているはずです。

今回は厳しい冬の寒さの中で咲く花をご紹介します!




1月~2月に咲く花をご紹介

蝋梅(ロウバイ)

蝋梅(ロウバイ)

3月ごろに開花する梅の花ほどの華やかさはなくともその控えめなサイズ感が愛らしい、冬を代表する花のひとつ、ロウバイです。
「蝋梅(ロウバイ)」というその名前のとおり、蝋で覆ったような質感が特徴的です。
蝋梅の原産は中国ですが、日本の冬の風景にもとてもよく馴染みます。
一枝手折って花瓶に生けるだけで、とても雰囲気が出ます。

※蝋梅(切り花)はこちらより購入できます
http://www.hanadonya.com/hn-5082.html


シネラリア/サイネリア

シネラリア/サイネリア

冬から春にかけて花を咲かせるシネラリア(サイネリア、とも)。
こんもりとした花々の密集は存在感があります。
比較的育てやすいため、ガーデニング初心者にもオススメの品種です。
色も青や紫、ピンクなど種類があり、好みに合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

※シネラリア(切り花)はこちらより購入できます
http://www.hanadonya.com/ks-2055.html


侘助(ワビスケ)

侘助(ワビスケ)

侘助は、椿の一種です。何とも味のある名前が魅力的ですよね。
この「侘助(ワビスケ)」という名前の由来は諸説ありますが、いずれにしても千利休と縁の深い花として知られ、現代でも茶会の席で好んで活けられる花だそうです。
淡い桃色や白い色をした侘助は、春先に見かける赤い椿よりも控えめですが、存在感のある美しさがあります。

※侘助(苗)はこちらより購入できます
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kanaiengei/x-030.html


スノードロップ

スノードロップ

名前に「スノー」と付く通り、雪のように真っ白で清廉な花を咲かせる、ヒガンバナ科の花です。
開花は主に2月から3月で、その可憐な見た目と裏腹に、冬の厳しい寒さに耐えうる力強さを持っています。

※スノードロップ(苗)はこちらより購入できます
http://www.hanadonya.com/gf-5157.html


ノースポール (別名:カンシロギク/クリサンセマム)

ノースポール

「ノースポール(North Pole)」とは英語で「北極点」の意味です。
地面一面を白い花で埋め尽くす様子を、真っ白な雪に覆われた北極点に例えて名付けられたと言われています。
(※ノースポールはもともと、日本の「サカサのタネ」の商品名ですが、現在では広くこの名前で知られています)

※ノースポール(苗)はこちらより購入できます
http://item.rakuten.co.jp/oniwahonpo/2013020831/


寒木瓜(カンボケ)

木瓜(ボケ)

バラ科の落葉低木・木瓜(ボケ)の中でも冬に花を咲かせるものを「寒木瓜(カンボケ)」と呼びます。
ボケは実が成り、その実は果実酒やジャム作りにも適しているとのことで、花と実と二度楽しめるお得さもある樹木です。

※木瓜(切り花)はこちらより購入できます
http://www.hanadonya.com/ed-0210.html



おわりに

今回、「冬に咲く花」をご紹介しましたが、お花屋さんに行くと、冬の花に限らず、案外いろんな種類の花が販売してあります。
厳しい寒さで気持ちも滅入ってしまいがちなこの季節ですが、家の中に花を飾ってみることで、少しでも華やかな気持ちになるのではないかと思います。

苗を買ってきてお庭やプランターに植え付けるも良し、切り花を買ってきて気軽に玄関や食卓テーブルに飾るもよし、たまには近くの花屋さんに寄って、家の中やお庭を飾ってみませんか?