福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページブログ(マンションリフォーム) > ヘリンボーン床リフォーム費用【DIYで安く抑える】
ブログ
カテゴリ

マンションリフォーム

ヘリンボーン床リフォーム費用【DIYで安く抑える】

カテゴリ:マンションリフォーム更新日:2019年6月28日
1906_1.jpg

部屋の模様替えで壁と同じくらい部屋の印象を左右するのが床です。床は色味や素材だけでなく、張り方にも様々な種類があります。今回ご紹介するヘリンボーン床は近年人気が高まっている床張りで、同じ色と素材でも、ヘリンボーン張りにするだけで部屋を一気におしゃれな空間へと変えてくれます。
そこで、今人気のヘリンボーン床とそのリフォームについてご紹介します。



ヘリンボーンとは

1906_2.jpg

ヘリンボーンはフローリングの床貼りの方法の一種です。レンガや木材をV字型、またはL字型に連続して組み合わせて作る模様で、そのデザインが開きにしたニシン(herring)の骨(bone)に似ている事からヘリンボーンと呼ばれるようになりました。

昔からその高級感とデザイン性が高く評価され、ヨーロッパの貴族の家でも使われていました。
日本でも寄木貼りという床貼りの技法があり、その中の一つに「杉綾」というヘリンボーンと同様の貼り方があります。そのことから、ヘリンボーン床は海外だけでなく日本でも昔から親しまれてきた模様ということが分かります。

ヘリンボーンは高級感と上質感、クラシカルな雰囲気が再評価され、近年住宅の床デザインに採用されるケースが増えている人気の床貼りです。



ヘリンボーンの床材ってなに?

ヘリンボーンで使われる床材で最も多いのは、自然の風合いを色濃く残している無垢材です。ですが、ヘリンボーン床にする為に必ず決まった素材でなければならないということはありません。
ヘリンボーンにすることで、一般的な床張りよりも部屋に高級感が生まれるので、比較的安価な集成材でも安っぽくならず、雰囲気のある空間にすることができます。
また、お庭などにレンガを敷く際にレンガをヘリンボーンにする方も増えています。



ヘリンボーンの床の種類

ヘリンボーンにはフレンチヘリンボーンという種類の模様もあります。
この2種類にはどのような違いがあるのでしょうか?


ヘリンボーン張り

1906_hb.jpg

ヘリンボーン張りは長方形の板をL字型に組み合わせていく貼り方です。
ヴェルサイユ宮殿の床にも使われていて、クラシカルで高級感のあるデザインが特徴です。


フレンチヘンリボーン張り

1906_fhb.jpg

長方形の板の端を45度にカットしてヘリンボーン張りと同様に組み合わせていく張り方です。板の合わせ目が直線になるのが特徴で、ヘリンボーンよりもモダンでスッキリとした印象になります。



ヘリンボーンの床にリフォームするときの費用

1906_3.jpg

ヘリンボーンの床に変更する時には通常の床張りよりも手間がかかるため、一般的な床貼りの価格の約2〜3倍近くかかると言われています。
具体的には、ヘリンボーンの本体価格は、1㎡で6,000~15,000円。 1㎡につき10,000円前後する商品が最も一般的です。
6畳のフローリングの部屋の場合では通常のフローリングは約10〜12万円ヘリンボーン貼りの場合は約20〜40万円ほどかかります。
金額がかかる分、お部屋は格段におしゃれになりますが、お部屋のおしゃれに出せる金額として納得できるかよく考え、悔いのないように決めましょう。



ヘリンボーンの床のメリット・デメリット

1906_5.jpg

ヘリンボーン床のメリットとデメリットを知って、自宅をヘリンボーン床にリフォームするか検討しましょう。

ヘリンボーンの床メリット

<1.オシャレになる>
なんといってもヘリンボーン床のメリットはひと目で他の床貼りと差をつける見た目にあります。きっちりと歪みなく「くの字型」に並べられた床材は圧倒的な重厚感のあるオシャレさを醸し出してくれます。


<2.様々なお部屋に馴染む>
日本でも西洋でも古くから親しまれている床模様なので、ナチュラルでもシックでも、様々なテイストに合わせることができます。
ヘリンボーン床は商品で少しレトロな雰囲気があり、フレンチヘリンボーン床は洗練された印象があるので、お好みのヘリンボーン床を選びましょう。


<3.高級感が出る>
ヘリンボーン床にすることで安価な床材でも高級感が出ます。木材だけでなく、そのまま貼るとチープな印象になりがちなクッションフロアやプラスチックタイルもヘリンボーン床にすることでチープ感を解消することができます。


ヘリンボーンの床デメリット

<1.施工費が高額になる>
クッションフロアやプラスチックタイルを除いて、木材や石材などをヘリンボーン床にする場合、施工費が通常よりも高額になります。一般的な並べるだけのやり方の場合は比較的かんたんに作業が行えるので費用はそこまでかかりませんが、ヘリンボーンの場合は「くの字型」に隙間なくキレイに並べていく必要があるので、作業に手間がかかるため、その分施工費が高くなります。


<2.時間がかかる>
手間のかかる作業なので、通常の床張りよりも2〜3倍の時間がかかります。見積もりを取る際に、ヘリンボーンにした場合の費用の他に施工時間も確認しておきましょう。場合によってはリビングのみなど、一部屋のみをヘリンボーンにして他の部屋は通常の床張りにすることも検討しましょう。


<3.部屋が狭く見える>
床材に関わらず、ヘリンボーンは模様による目の錯覚で部屋が狭く見えてしまいます。
広い部屋の場合は問題ありませんが、部屋を少しでも広く見せたい場合は、ヘリンボーン以外の明るい色味の床にするのがおすすめです。



賃貸やリフォームが大変ならシートがおすすめ

1906_6.jpg

賃貸物件で原状復帰が必須な場合や、リフォームが難しい物件・コストをあまりかけられない場合にはヘリンボーン柄のフロアシートがおすすめです。
ヘリンボーンの柄自体に部屋に高級感を出す効果があるので、本物の木を使わないといけないということはありません。


シートは飽きっぽい人にもおすすめ

フロアシートは幅広いデザインがあり張替えも簡単なので、部屋の模様替えをすぐにしたくなる方におすすめです。シートの価格はデザインや厚みなどで異なりますが、同じ面積で比較した時に木材やパネルよりも安価になる場合がほとんどです。
ワンルームなど比較的狭めの部屋なら2〜3時間で張替えもできるので、部屋の模様替えがお好きな方は是非フロアシートで床リフォームをお試しください。



ヘリンボーン床は、床暖房は大丈夫なの?

1906_7.jpg

<床を張り替える場合>
ヘリンボーン床で床暖房を設置する場合は、ヘリンボーン張りで床暖房対応の素材を選ぶ必要があります。
床暖房の上に床を貼るときには、床暖房のユニットを傷つけないように釘を打つ必要がありますが、ヘリンボーンは張り方が特殊なため、床暖房のユニット上にも釘を打たなければいけません。

そのため、床暖房ユニット以外の場所に釘が打てるようサイズを調整された床暖房対応のヘリンボーン床素材が欠かせないのです。



<フロアシート場合>
フロアシートでヘリンボーン床にリフォームする場合も、床暖房対応のシートを選ぶ必要があります。種類によっては焦げ付きや熱がこもることによってフローリングの下地にカビが発生するなどのトラブルの原因になります。
床暖房を設置していてフロアシートを使う場合は、床暖房のメーカーに使用しても大丈夫か一度確認してみましょう。


DIYで簡単にヘリンボーンの床を実現しよう

1906_8.jpg

ヘリンボーン床はDIYで張り替えることもできます。
ヘリンボーンは施工費用が通常よりも高くなりますが、自分で貼れば材料費だけで済みます。費用は木材の種類によっても変わりますが、DIY向けのヘリンボーン型に整形してある床材もあります。こちらの場合は1平米あたり約12,000円前後で貼り替えられます。
ただし無垢材などの木材を使った本格的な張替えは難易度が高く、プロレベルの技術と時間が必要となるため、DIYでヘリンボーン床に張り替える際は、扱いやすいプラスチックタイルを使うか、ヘリンボーン柄のフロアシートを貼る方法がおすすめです。
フロアシートの場合は6畳で約12,000円〜20,000円前後で床のリフォームが可能です。


ヘリンボーンの床の事例紹介


ブルックリン風のインテイリアとヘリンボーン床でとてもおしゃれ!
板の色味を暗いものと明るいものを混ぜることで深みが増していますね。



こちらは北欧風のインテリアのお部屋のヘリンボーン床です。
家具と床の色味が同系色でまとまりのあるお部屋ですね!



白とグレーで明るく高級感のあるお部屋には同系色のフレンチヘリンボーン床が♪
木目の温かみと床模様のスタリッシュさがマッチしています。



まとめ:床を変えて気持ちも気分も変えよう

床は部屋の雰囲気作りに重要な部分です。色や材質が変わるだけでも部屋の印象をガラリと変えてくれるので、お部屋のリフォームを検討する時には床のリフォームも合わせて考えたいものです。
ヘリンボーン床は部屋のオシャレ度を上げてくれる床模様ですが、実際に張り替えるとなると高額なので、まずはフロアシートで変えてみて、気に入ったらリフォームで床の張替えでヘリンボーン床にするという方法もおすすめです。