福岡のキッチン・台所リフォームは「優雅デザイン工房」

トップページブログトップページブログ(マンションリフォーム) > ルーフバルコニーのマンション・戸建て事例集20選
ブログ
カテゴリ

マンションリフォーム

ルーフバルコニーのマンション・戸建て事例集20選

カテゴリ:マンションリフォーム更新日:2019年7月31日
1907_1.jpg

家を新築する時にルーフバルコニーを作る方や、ルーフバルコニー付きのマンションを買う方が増えているのをご存知ですか?
ルーフバルコニーはガーデニングやホームパーティー・プール遊びなど、大人も子供楽しめる注目の建築仕様です。ではルーフバルコニーが一体どのようなものか、おしゃれで楽しいルーフバルコニーライフを送っている方々の事例を上げながら、ルーフバルコニーの魅力をご紹介します!



ルーフバルコニーの違いに注意

1907_2.jpg

皆さんはルーフバルコニー・バルコニー・ベランダ・テラス、それぞれの違いをご存知ですか?
同じようでそれぞれ異なる部分があるので、家を建てる時や賃貸物件への引っ越しの際にその家に付いている・または作る予定のものはどれに該当するのかを正しく認識できるようにしましょう。
ではそれぞれの違いをご紹介します。


 

ルーフバルコニー、バルコニー、ベランダ、テラスの違い


<ルーフバルコニー>
2階建て以上の階層のある一軒家やマンションなどで階下の屋根部分に作られたバルコニーのことを指します。他にもルーフガーデン、ルーフテラスとも呼ばれ、階下の屋根部分に作られることから一般的なバルコニーよりも広く開放感があるのが魅力です。

<バルコニー>
バルコニーは「屋根のないベランダ」を指します。ベランダとの違いは屋根の有無のみなので、広さや作りに大きな差は有りません。

<ベランダ>
建物の「2階以上にある住戸から外に張り出した屋根のあるスペース」を指します。
マンションや2階建ての住宅に多く、主に洗濯物を干したりする場合に使われます。

<テラス>
マンションの一階や一戸建て住宅の住戸から外に作られた地面より一段高くなったスペースを指します。ウッドデッキやレンガ、タイル、石張りなど素材は様々で、主にリビングの延長として使われることが多いです。
まとめると、ルーフバルコニーは「階下の屋根部分に作る広いバルコニー」、バルコニーは「屋根のないリビング」ベランダは、「外に張り出した屋根のあるスペース」テラスは、「マンション一階や、一戸建ての住戸から外に作る、地面より1段高くなったスペース」となります。


 

専有部分と共有部分の違い

マンションなどの集合住宅の場合、ルーフバルコニーを含むバルコニーやベランダは共有部分扱いになるため、使用料が発生する可能性があります。ルーフバルコニー付きの物件への引っ越しを検討する場合は、ルーフバルコニーの使用料など、どのようになるのかを確認しましょう。



ルーフバルコニーの事例20選

 

マンションの事例10選


1


2


3


4


5


6


7


8


9


10



 

戸建ての事例10選


1


2


2


3


4


5


6


7


8


9


10




ルーフバルコニーの値段が高い理由

1907_3.jpg

家を新築する際にルーフバルコニーを作る場合、一般的にベランダやバルコニーよりも施工費が高くなります。
特に高くなる主な理由は
1)面積が通常のバルコニーよりも広い
2)階下の部屋の雨漏りや漏水を防ぐ為の防水工事費が必要
3)階下の部屋の室温を快適に維持するためにパネルや塗装などの床断熱対策費が必要
4)ルーフバルコニーへ出る階段の設置費が必要

以上の4つです。
部屋の屋根部分に設置するため、設置される部屋に雨漏りや熱がこもることによって室温が上昇するなどの影響が出ないように、ルーフバルコニーの防水と床断熱対策は必須です。

2畳ほどのサイズの一般的なバルコニーを作る場合は約50万~80万円が相場ですが、ルーフバルコニーは約200万円前後の費用がかかります。

また、ルーフバルコニー付きの物件を購入する場合や賃貸契約する場合もルーフバルコニー無しの物件よりも高くなります。ルーフバルコニー付きの物件が高くなる理由は以下の3つが大きいです。

 

希少価値が高いため

ルーフバルコニー付きの物件は通常の物件よりも数が少ない為、希少価値があります。
物件の立地やルーフバルコニーの日当たりなどの条件が良ければ更に価格は上昇します。

階数が高いため

ルーフバルコニーは2階以上の高さに設置される為、マンションやアパートの場合は2階以上の高さの部屋であることが条件になります。
一般的にマンションなどの集合住宅は階数が高くなるほど賃料・購入価格が高くなること、そしてルーフバルコニーは主に最上階に設置されることが多いことから、物件の価格が高くなります。

 

不動産投資家に人気なため

ルーフバルコニーは中古物件での人気も高く、価格が下がりづらいので不動産投資家にも人気です。
不動産投資物件で注目される条件は、そこに住みたい人が多い・需要が高い物件であることです。その中でも希少性の高い物件は人気が高く、デザイナーズマンションやルーフバルコニー付きの物件は市場価値を長期間高く保ちます。そのため中古物件で賃料が相場よりも高くても入居希望者が多いため、長期間安定した収入が得られる見込みが高いのです。



ルーフバルコニーの活用法

1907_4.jpg

ルーフバルコニーは日当たりの良さと広々とした空間の開放感が魅力です。
洗濯物を広々と干す・休日はテーブルを出してホームパーティー・道路に飛び出す危険が無いので子供の遊び場として使う・人工芝を敷いてドッグランに・ガーデニングや屋上庭園に・などの様々な使い方ができます。
屋根がないので、夏の日除けにタープやビーチパラソルを設置するのもおすすめです。



まとめ:よりリラックスできる家に

ルーフバルコニーは人目を気にせずに使える新しい家庭の憩いの場です。ウッドデッキを付けて疲れた時にのんびりと過ごすアウトドアリビングとして使ったり、ガーデニングなどの趣味を楽しんだり、出かけなくても家族が集まってそれぞれ楽しめる空間として使うことで家族の仲も深まります。
引っ越しの予定や住宅の購入の予定のある方は、家族みんながリラックスできる新しい家の空間、ルーフバルコニー付きの物件の購入や新築の住宅での設置などをぜひご検討ください。