福岡のマンシション・住宅リフォームは「優雅デザイン工房」(キッチン・トイレ・浴室リフォームなど)

トップページ > ブログトップページ> ブログ(リビング・ダイニング) >掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用
ブログ
カテゴリ

リビング・ダイニング

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用

カテゴリ:リビング・ダイニング更新日: 2020年2月6日

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用1.jpg

みなさんの住まいには「掃き出し窓」はありますか?

掃き出し窓とは主にリビングやベランダと住居の出入り口として使われる、窓の下枠が床と同じ高さの窓のことです。

掃き出し窓は日本の住宅の多くに設置されている窓ですが、海外では設置されていない住宅が多く、近年の日本の住宅でも設置されていない物件が増えています。

では掃き出し窓のメリットとデメリットを知って、その必要性についてご紹介いたします。


日本に掃き出し窓が多い理由。

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用2.jpg

日本の夏は高温多湿なため、防カビ対策として通気性の確保のために掃き出し窓が多くなったと言われています。

また、昔は防犯意識も低くご近所付き合いも開放した縁側でという生活スタイルもあり、掃き出し窓を日中は開放しっぱなしにすることで人付き合いと風通しの両方を行っていた名残で今も住宅の多くに掃き出し窓が設置されています。

また、掃除機の無い時代では床のホコリや細かなゴミをほうきで外に掃き出す為にも必要不可欠であったという理由もあります。


掃き出し窓をなくした場合のメリット・デメリット

もしも掃き出し窓を無くした場合、どんなメリットとデメリットが生じるのでしょうか?


メリット

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用3.jpg

防犯性が上がる

掃き出し窓は人の出入りができるため、特に戸建てやマンションの一階に住んでいる場合、一階のリビングに掃き出し窓があると外から室内を覗かれるリスクや、鍵やガラスを破壊して侵入される恐れも。

掃き出し窓を腰窓に変えるだけでも侵入しづらくなるので、空き巣などの犯罪者の侵入のリスクを減らすことができます。


冷暖房効率が上がる

窓が大きいほど断熱効果が下がり、室内の温度が夏は暑く・冬は寒くなります。

そこで窓を小さくすることで断熱性を高め、外気温に左右されにくくすることで冷暖房の効果を高めることができます。


庭やバルコニーへの出入り口がしやすい

洗濯物をお庭やバルコニーに干す場合や、バーベーキューなどの家族の団欒に使う時など、お部屋から直接出入りできるととても便利です。

また、広い窓からの景色はお部屋の中でも開放感を味わえます。



デメリット

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用4.jpg

採光量が減る

日光を室内に取り込む「採光」には大きな窓があった方が良いです。

室内を自然の光で明るくすることは日中の電気代の節約になる他、うつ病の予防など健康面にも良い影響を与えます。


風通しが悪くなる

風が吹き抜ける面積が狭くなることで室内の風通しが悪くなります。

風通し・換気が不十分な状態で湿度の高い夏場はもちろん、お風呂や料理・洗濯物の部屋干しなどで室内の湿度が増えた状況が続くとカビが発生しやすくなります。


大きな家具など、出し入れが制限される

掃き出し窓は、大きな家具や家電など、簡単に出し入れできることが、魅力の一つでもあります。そのため、掃き出し窓をなくしてしまうと、家具の購入には、ドアを通る範囲の家具に制限されてしまいます。また玄関からの持ち運びになると簡単に入れ替えもできない為、注意が必要です。



腰窓に変更する場合の費用

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用5.jpg

掃き出し窓を腰窓にリフォームする場合、通常の窓のリフォームの工程+窓のサイズが小さくなる分の壁の増築が必要になります。

外壁のデザインや素材などにもよりますが、費用の相場は約20万円前後になります。

掃き出し窓から腰窓の変更の際に追加した壁の施工が悪いとそこからつなぎ目部分のひび割れや雨水の染み込みなどが発生することもあります。

リフォームする際は信頼のおける業者選びが大切です。




掃き出し窓を腰窓風にDIYすることも

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用6.jpg

掃き出し窓を撤去せずに、DIYで見た目を腰窓風にすることも可能です。

掃き出し窓のサッシの室内側にお好みの高さで枠を作成し板を貼ることで窓の下半分を壁にする方法がお手軽でおすすめです。

DIYで腰窓風にする場合は、風通しや結露・カビ対策も忘れずに行いましょう。



他の問題もDIYでも解決できることも

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用8.jpg

掃き出し窓で改善したいなと思っていることはDIYで解決できるかも!

掃き出し窓2大改善点「カーテン以外の目隠し」と「防寒・結露対策」の改善案をご紹介します。


目隠しが目的ならシートやブラインドがおすすめ

掃き出し窓からの出入りをしたい。外から室内が見えない状態で窓を開けて壁を通したい場合にはブラインドが、閉めている時に目隠ししたい場合には目隠しシートがおすすめです!

どちらもネットやホームセンターなどで売っており、設置も簡単です。

費用もブラインドは一個数千円〜、シートは数百円からあり、サイズやデザイン・機能などによって価格が増減します。

また、設置も比較的カンタンなので一人暮らしの女性の防犯対策としても。


 

防寒・結露対策が目的なら内窓で2重窓に

室内側に内窓増やすことで窓と窓の間に空気の層が生まれ、暖かい空気と冷たい空気が一枚のガラスに同時に接触することで起きる結露の発生を防ぎ、部屋の空気が外の冷たい空気で冷やされるのを防ぐことで防寒対策にもなります。

また、窓が二重になることで空き巣など犯罪者が侵入しづらくなり、防犯対策にもなります。


不便になった出入りはドアで解決

掃き出し窓っていらない?腰窓に変更する費用7.jpg

掃き出し窓をなくしたことでお庭やバルコニーの出入りが不便になる場合は、ドアを取り付けましょう。

ドアの場合、掃き出し窓よりも狭い面積で設置でき、また鍵も窓用のものよりも丈夫なものが取り付けられるので防犯性を上げることができます。

まとめ:暮らしやすい窓で落ち着く空間に

住まいにとって窓は機能性・デザイン性の両方で重要なものです。

室内からの外の景色はもちろん、日当たりや外から室内が見えやすいか見えにくいかなど、生活する上で防犯性や風通し・採光の条件がピッタリとあった窓のある住まいは安心と住心地の良さを与えてくれます。

引っ越しや新築・リフォームで窓の設置や変更を考える際はそれらの暮らしやすさを考えて理想の住まいを作りましょう。